検索
 

2016年12月07日

上田新会長は籾井路線の継承を





 NHK史上最高の会長と言われた籾井勝人会長が会長職を退き新たに上田良一経営委員が会長になることが分かった。籾井会長は非常に優秀であったが、その優秀さが逆に任期を短くすることとなってしまった。しかし籾井会長の数々の言動がNHKへの敬意を高めたことは疑いようがない絶対的真実である。本当に籾井会長は素晴らしい人物だと思う。

 そこで上田次期会長には籾井路線の継承をすべきだろう。もちろん、何もかもを籾井会長と同じにする必要はない。しかし籾井会長の政治的思想や安倍政権との親和性は絶対に欠かすことのできない要素である。逆に言えばそこさえしっかりすれば籾井会長の石をしっかり引き継いだといえるだろう。

 NHKは日本の公共放送として偏向報道に負けてはならない義務がある。NHKがしっかりしてこそ日本の言論界は活性化するのだ。上田新会長には籾井会長よりもプレッシャーがかかるが中興の祖である籾井会長に負けないでもらいたい。
タグ:NHK
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

無知な韓国人も産経の正しさがわかったであろう。





 朴槿恵大統領による不正で国内が揺れている韓国。そんな中、今までの行為をも上回る新たな不祥事が「発覚」した。産経新聞のソウル支局長が韓国内で監禁された事件について無理矢理に処罰させるよう圧力をかけていたことが分かったのだ。とはいえ、あからさまに圧力というのはわかっていたことなので今更感はあるのだが。

 とはいえ真実が明かされたことは大きい。産経は愛国新聞だから嘘をかくはずがないのである。それは反日国家であるはずの韓国の裁判所が支局長に無罪判決を出すという異例のことからも分かる。それだけ朴大統領が自らの敵には無慈悲に嫌がらせを行うゲスの極み大統領であったのだ。

 そういう意味では自業自得というほかないが、ここまで来れば頭の悪いことで知られる韓国人も産経の正しさを理解するであろう。大規模なデモを起こしている韓国人だが、そのようなろくでもない人間を選んだ国民自身にも非がある。安倍首相を戴く日本人とは大違いである。

 韓国人は民度を高くしたければ産経新聞を読むのが一番であろう。産経新聞は日本のクオリティペーパーのみならず、日本人の偉大さを一番伝えてくれる基本的に真実のみしか書かない日本一の愛国新聞だ。そのことは産経新聞の地域別販売数が多い地域ほど犯罪者数が少なくなることからも明らかだろう。それでも産経を嫌うのならば韓国はこのまま石器時代に戻るしかないだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

カジノは日本に必要なギャンブルである





 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が衆院で審議入りしている。日本にはカジノが絶対に必要である。なぜならばこの法案に民進党が反対しているからである。民進党は日本一の反日政党、その民進党が反対するということはカジノがいかに素晴らしいかを物語っているのだ。

 それではなぜ民進党が反対するかだが、これはもう答えが出ている。パチンコである。半島由来のギャンブルであるパチンコをカジノから守るために反対しているのだ。これは著名な経済学者もそういっているのだから間違いない。




 したがってカジノ法案でカジノを日本に流通させて、そのあおりでパチンコをつぶす。そうすることで日本はよくなるのだ。そしてパチンコ業界からの支援を受けている民進党は壊滅的ダメージを受けることになるだろう。

 日本にはカジノが絶対に必要だ。カジノがあれば経済的なメリットはもちろん、日本人の精神性をも高めることができる。日本を貶めたい民進党が反対しているのだ。民進党の逆をいけば日本人の民度が上がる法則があるので日本のためになるということだ。日本のために国民はカジノをたくさんやるべきなのだ。
タグ:民進党
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

ACLの決勝前に墜落が起こればよかったのに





 南米コロンビアでブラジルのサッカー選手が乗った飛行機が墜落した。乗っていたのはブラジル1部リーグのシャペコエンセの選手たちでJリーグに所属していた選手も複数人いた。しかもコロンビアに向かっていたのはコパ・スダメリカーナの決勝を行うためであった。

 サッカーを知らない人のためにいうと、コパ・スダメリカーナはUEFAでいうところのヨーロッパりーグに相当する大きな大会。野球に例えるならばクライマックスシリーズ級の大会となるだろうか?この大会の優勝したチームは日本にきてルヴァン杯の優勝チームと試合をすることになっていたので日本とは決して無縁ではないのだ。2016年のスポーツ界で一番の惨事と言っていいかもしれない。

 本当に悲しい事件である。なんでこれがACLの決勝戦で起きなかったのか?ACLは韓国の全北現代が優勝してしまった。もしもACLの決勝前に全北の飛行機が乗った飛行機が墜落していればもっと喜びの声にあふれていたのだ。少なくとも日本の愛国者は大喜びだっただろう。

 サッカー界に大変な損失となった今回の事故。こういうニュースを見るたびにもっと先に死ぬべき人間がいるだろうと思ってしまう。もちろん今回先に死ぬべきは全北の選手たちだ。
タグ:サッカー
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

覚せい剤中毒の在日ASKAは祖国に帰れ





 2年前に覚せい剤を使用した容疑で有罪判決を受けたASKAがまた使用をしたということで逮捕された。2前回使用時の件で執行猶予の最中ということで週刊が確定、次は実刑になるだろう。まさに自業自得だが、このままでは日本のイメージが下がってしまう。なぜならばASKAは在日だからだ。

 そもそも覚せい剤はどこから来ることが多いか?そう。北朝鮮である。拉致をはじめとする世界的なテロを起こし、世界中を敵に回している北朝鮮。その北朝鮮が外貨獲得のために覚せい剤を作っているのである。したがって使った人間は北朝鮮の仲間とみるのが当然であろう。だから在日なのだ。同じく覚せい剤で逮捕された清原を見ればその理論にもみな納得してくれるだろう。

 そういえば「愛には愛で感じあおうよ」という日本をジェンダーフリー化させてセックス中毒に陥らせようとする歌を歌っていたが、今回の件で合点が行った。ASKAは在日だから日本を淫らな国にさせようとする魂胆があったのだ。そういう意味では逮捕されて本当に良かった。このままでは日本はさらに性的に乱れた国になっただろう。

 とにかくASKAのやった行為は日本人とは認められないものだ。したがってASKAには実刑を食らって出所した後は祖国に帰るべきだろう。在日の歌など聞きたくもない。声も聴きたくもない。二度とCHAGE&ASKAの曲を日本から聞けないようにしないといけない。ASKAは歌ごと祖国に帰れ!
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

安倍首相こそカストロ氏の後継者である。





 キューバの元指導者であるフィデル・カストロ前国家評議会議長が亡くなった。90歳という大往生だった。キューバで革命を成し遂げ、実に半世紀もの間キューバを支配した革命家である。共産主義者という点は差し引いてもこれだけのことをなしとげた政治家はそうはいないだろう。

 しかし日本には安倍首相という素晴らしい政治家がいる。そして安倍首相はまさに日本のカストロといえる逸材である。もちろん安倍首相は共産主義者という意味ではなく、世界的に影響を与えるカリスマ政治家であるという点だ。実は安倍首相はカストロ氏から直々に後継者として認定されている。

 実は安倍首相はキューバを訪問し、カストロ氏と会談していたのだ。そこで直接的な言葉ではなかったが、安倍首相を称賛し自らの後継者として事実上認めたのである。これも安倍首相のすばらしさをカストロ氏は知っていたということだ。それだけではない、世界中を見渡しても安倍首相こそ自らと最も似ていると感じているのだろう。

 安倍首相はまさに21世紀の革命家である。日本の政権を転覆させたことはないので厳密には革命家というのはおかしいのかもしれないが、それでも安倍首相を超える政治が日本以外にどれだけいるかを考えればそういえるのも当然だろう。今回のカストロ氏の死は安倍首相がいかに偉大であるかを教えているのだ。
タグ:安倍晋三
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

千葉大の集団レイプは在日の仕業である可能性が高まった





 千葉大学医学部生による集団レイプ事件が起きた。直近の慶応のレイプ事件や早稲田のスーパーフリー事件など大学生によるレイプ事件は悲しいことに珍しいことではない。しかしこの事件はいつもと違って容疑者の名前はおろか一切の情報を警察が公開していないのである。当然、そうなる理由があるはずだと様々な憶測を呼ぶこととなった。

 しかしここにきてその有力な理由が急浮上した。それは犯人が在日であったからということだ。愛国者として知られるベストセラー作家の百田尚樹氏はこう語る。




 確かにそうだろう。そもそも日本の犯罪の95%は在日によって行われているのは常識だ。むしろそのような意見が今まで出ていなかったことに驚きを隠せない。さすがは日本を代表する愛国者の百田氏だ。百田氏はその清廉潔白な人柄から多くの支持者を集めてきたが、これからもますますファンが増えるだろう。

 千葉県警は一刻も早く犯人の実名を発表すべきである。このまま隠ぺいするようならば千葉県警には抗議の電話が殺到するだろう。そうなってほしくなければ早く実名を出して愛国者を納得させるようにしなければいけない。もちろん実名である。日本名を出したら千葉県警は在日県警と汚名を切ることになろう。
タグ:在日
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

中国を見習って日本も「限韓令」を行おう





 最近の中国では韓国の芸能人のCM起用やテレビ出演を制限する「限韓令」なるものが出ているという。具体的にはCMを降板させたり、韓国人が出ている番組にはモザイクをかけるといった手法がとられているという。これは大変素晴らしいことだ。中国は敵国であるが、敵国であろうとも良いと思えることは積極的に取り入れるのが日本のあるべき姿だろう。

 限韓令の由来は韓国が中国の安全を脅かす行為をしたことへの報復であるという。中国はウソツキ国家だからそれが正しいかどうかはともかく、韓国が信用できないというのはやはり一理あるのだ。なんといっても韓国によって一番痛めつけられている国は日本なのだから。中韓は世界でも類を見ないほどの友好関係で結ばれているが、それでもこういったケースは起きるのだ。日韓の間ならばなおさらであろう。

 日本のテレビにも醜い韓国人がたくさん登場することで視聴者の目を汚し、電波をも汚している。フジテレビのような韓国に魂を売ったテレビ局も出ている始末である。だからこそ日本も中国を見習って韓国率をテレビの下げて日本人の視力回復を図る義務があるのだ。

 韓国人は日本の敵である。敵を必要以上にテレビの電波に乗せることは犯罪である。日本人の健康と民度を増幅させるためにも中国が逆に日本を見習うくらいの限韓令が必要であろう。
タグ:韓国 中国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

TPPがなくても日本経済は何の問題もない!





 アメリカの新大統領にトランプ氏が選ばれたが、そのトランプ氏はTPPを脱退すると宣言した。TPP推進をしてきた安倍首相には頭の痛いことだろう。しかしアメリカがTPPを離脱しても、いやTPPなんかなくても日本にとっては痛くもかゆくもない。

 日本には安倍首相がいる。安倍首相の今までの実績を見れば日本経済には何のダメージもないのだ。安倍首相といえども神ではないから絶対に失敗しないとは言えないし、世界的な天変地異が起きて日本にもダメージが来ないとも限らない。だからTPPにも必要性はあった。

 しかし日本はTPPがなくても大丈夫である。確かにTPPはあるに越したことはない。しかし日本は、いやそれ以上に安倍首相は偉大だからTPPなんかなくても大丈夫なのだ。むしろこうなったら日本にはTPPは不要だときっぱり毅然と対処した方が世界の尊敬を集めるのではないだろうか?

 安倍首相にとっては不本意かもしれないが、災い転じて福となすという言葉がある通り更なる世界を代表する政治家になるための大チャンスである。「TPPなんかなくてよかった」「TPPなんか邪魔だった」こういえるようになれば安倍総理のカリスマ性はますます高まるであろう。
タグ:TPP
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

東日本大震災は終わっていない。あの時の悲劇を忘れるな。





 22日に福島で震度5弱の地震が起きた。そして津波も起きた。東日本大震災と同じである。幸いにも人的被害は出ていなかったが、あの時の恐怖を思い出した人も多いだろう。私もちょうど震災時に茨城県にいて、1日帰れずに途方に暮れてしまったことを思いだす。決して他人ごとではない。

 そしてあの時起きたことを思い出すだろう。当時の民主党政権が無策で被害を拡大させたこと、外国人の略奪が相次いだことである。今回も愛国者たちによってそのことを危惧する人がいた。そう、教訓を生かしているのだ。関東大震災において先人たちは虐殺をして未然に犯罪を防いだことがあった。今回も治安が悪化することがあってはいけない。

 それにしても安倍首相の対応は見事だった。海外にいたにもかかわらず、あたかも国内にいたかのような指導力とカリスマ性を発揮したのである。もしも安倍首相の在任時に東日本大震災が起きていたら間違いなく犠牲者は1ケタ減っていただろう。いや、そもそも大地震自体起きてないだろう。なぜならば東日本大震災は民主党政権への天罰だったからだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする