検索
 

2016年09月27日

沖縄にこそ大地震が起きてほしい





 昨日奄美諸島で震度5弱の地震があった。津波の心配はないとのことだが、今後も地震が起きる可能性があるとのこと。気が気でないだろう。だがそれは奄美諸島で地震が起きた場合の話、むしろ積極的に地震が起きるべき場所がある。そう、沖縄だ。なぜならば沖縄の反日運動はあまりにもひどいからだ。

 沖縄県は基地問題で国と争うのみならず、高江では猿による狼藉が公然と行われている。これは反日団体から日当をもらっているからというのが定説となっている。このようなことが起きる魔境。それが沖縄なのだ。だからこそ反日猿の我欲を洗い流すためにも地震できれば津波も必要なのだ。

 仮に大震災が起きたとしても、愛国者ならば決して支援をしてはならない。沖縄は反日二級地域だから災害で苦しむべきなのだ。もちろん最低限度の生活も保障してはならない。それが反日活動に対する報復である。賞罰をしっかりできてこそ愛国者なのだ。

 そんなわけで沖縄には大地震が起きてほしい。いや起きるべきだ。それで日本人は大喜びできるのだから。まさに天罰といえるだろう。早くその日が来ることを待ち望んでいる。
タグ:沖縄
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

長谷川氏には言論弾圧に負けずに世論を貫いてほしい





 「自業自得で人工透析を受けているものを殺せ」という正論を書いて炎上状態になっている長谷川豊氏。ついに医師会からも抗議が来た。謝罪をしろというあまりにも思い上がった内容である。長谷川氏はこの抗議を毅然として拒否をしたがそれで正しい。言論弾圧には負けないでほしい。

 今の日本において財政問題は重大な問題だ。日本は敵国に囲まれているので軍事費だけは絶対に確保する必要がある。そのためにも軍事費増強の邪魔になる要因は全面的に排除するのが当然であろう。今の日本で一番の金食い虫は医療費。だから医療費削減に向かうのは当然だろう。長谷川氏は「人工透析は障害者」とも書いている。ならばなおさら死なせることが重要だ。障害者など戦争が起きた時には真っ先に足手まといになるのだから。無駄な医療費を使わなくて済ませることが国家に対する重大な貢献となる。

 7月に起きた相模原の殺人事件において、私は犯人の植松がやったことは決して間違っていないと書いたように、障害者はいないほうがいいのである。それが先天的なものか後天的なものかは関係ない。障害が起きたら皆邪魔者になるのだ。自業自得の人間には退場してもらうのが「神聖な義務」というものだ。

 全腎協の抗議はいちゃもんの類であり、ヤクザが医者になったと錯覚してしまいそうな内容である。そもそも全腎協は共産党系の政治団体だという。ならば抗議は無視をするのは当然、言論弾圧に負けてはいけないからだ。私は長谷川氏を全面的に支持をする。もしもあまりにも理不尽な抗議が来たら自民党としても長谷川氏を守るべく行動を起こしてもらうよう働き掛けて行きたい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

爆発事故は日韓友好を進めようとした天罰だ





 日比谷公園で爆発事故があった。死者は出なかったが、出たほうが良かったかもしれない。なぜならばこの爆発は天罰だったからだ。と、いうのも今回の爆発が起きた際にやっていたイベントが日韓交流イベントだったからである。

 韓国は言わずと知れた敵国、したがって今回のような日韓友好イベントなんかやると韓国は友好の名のもとにスパイ活動をしてくることになる。これは日本にとって大変な損失である。「韓国とかかわると不幸なことになる」という歴史的な絶対真理があるが、それはこのような理由によるものなのだ。そして爆発事故という形で実証された。

 しかしこの事件は決して偶然ではない、天罰と私が書いたように日韓友好を進める反日売国活動に点が怒りを表して爆発事故を起こしたのである。つまり起きるべくして起きたのである。このまま同様のイベントが続くようならば今回の件をもはるかに上回る大惨事が起きるであろう。

 韓国と仲良くして日本を災害列島にするか、韓国と国交断絶して災害のない日本にするかもはや考えるまでもないであろう。「韓国とは仲良くしてはいけない」というのが愛国者たちの共通認識。それを忘れるようならば今回の事故がちゃんちゃらおかしいほどの重大災害が起きるであろう。これは決してハッタリではない。
タグ:韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

台湾籍を放棄したところで関係ない。外国にルーツがある時点でダメなのだ。





 台湾積との二重国籍であることが発覚した民進党の新代表・蓮舫。その蓮舫は台湾籍の離脱を完了したことを明らかにしたが、そんなことで許されるはずがないのは当然だろう。なぜならば日本の政治家に一番必要なのは日本人の祖先を持つという「血統」だからだ。

 考えてみてほしい。もしも日本で二重国籍を認めたらどうなるか?日本は乗っ取られるのだ。「中国政府が13億人超の人口のうち数千万人を中国籍を残したまま日本に帰化させて日本をいとも簡単に乗っ取ることができる」という専門家の研究もある。これは決して荒唐無稽な出来事ではないのだ。したがって日本にルーツを持たないものは政治家としての資格がないと言えるのだ。

 なぜ日本は立派な国なのか?それは他国の汚れた血を受け入れないように心掛けてきたからだ。とくに最強クラスの汚染度を誇る特定アジアの血は何よりも穢れたものとみなしてきたからこそ日本が立派になったのである。それは高畑裕太をはじめ凶悪犯罪者のほとんどが在日であることからも容易にわかるだろう。

 そんなわけで蓮舫は政治家として失格である。日本の政治家ならば少なくとも3世代にわたって日本人であることが一番重要である。血が汚れていたならばどれだけ有能であっても政治家としては失格なのだ。いや、失格どころの騒ぎではない。二重国籍自体殺人犯よりも罪深い存在であるのだ。

 民進党はトップに罪深き人間を据えることで犯罪政党であることを声高に宣言したと同じである。民進党に投票するものは二重国籍を容認、すなわち殺人犯扱いされても仕方のないことをしたことになる。殺人犯とののしられたくなければ民進党に投票指定はならない。
タグ:蓮舫
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

現在の国連に対するテロならば





 ニューヨークで爆破事件が起きた。幸いにも死者は出なかったが、15年前のテロ事件をほうふつとさせる出来事であり、現場が騒然となったのは言うまでもないだろう。このテロの背景には国連総会が開かれるため注目が集まると言った理由があるようだ。そうなると話は変わってくる。テロはテロでも正義のテロになるかもしれないのだ。

 理由は簡単、国連のトップである国連事務総長が韓国人だからだ。韓国人がトップになったおかげでイスラム国は台頭し、シリアの難民問題は混迷化し、さらにはイギリスのEU離脱まで引き起こした。国連事務総長が他国の人間ならばテロを起こす側や内戦を起こす側も自重するだろうが、韓国人相手にそのようなことをすれば自らの命が危なくなるので国連をバカにするのである。

 とはいえ悪いのは韓国だけではない、もちろん一番悪いのは韓国であるが他国も認めた連帯責任がある。今回のテロの件もアメリカに対する事実上の罰である。今後は反省をし、韓国を敵国としてみなさなければならない。韓国に味方しようとしたらますますテロが起こるだろう。

 韓国へのテロは正義のテロである。この基本理念をわからなければ決して愛国者になることはできない。日本を好きになるのは誰にでもできる。だからこそ日本を好きになる以上に韓国を嫌いにいなることこそ、日本をよりよくするための第一歩なのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

長谷川豊氏は全く正しいことを言っている





 元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏がブログで人工透析の真実を書いて話題を集めている。それによると人工透析患者は8、9割が原因が生活習慣によるもので自業自得であり、年間500万もの医療費がかかる金食い虫だというのだ。そして「自分で負担できないならば殺せ」と結論付けているのだ。この意見に反対するものが多いが、私は長谷川氏を全面擁護したい。

 今の日本において財政問題は重大な問題だ。日本は敵国に囲まれているので軍事費だけは絶対に確保する必要がある。そのためにも軍事費増強の邪魔になる要因は全面的に排除するのが当然であろう。今の日本で一番の金食い虫は医療費。だから医療費削減に向かうのは当然だろう。長谷川氏は「人工透析は障害者」とも書いている。ならばなおさら死なせることが重要だ。障害者など戦争が起きた時には真っ先に足手まといになるのだから。無駄な医療費を使わなくて済ませることが国家に対する重大な貢献となる。

 7月に起きた相模原の殺人事件において、私は犯人の植松がやったことは決して間違っていないと書いたように、障害者はいないほうがいいのである。それが先天的なものか後天的なものかは関係ない。障害が起きたら皆邪魔者になるのだ。自業自得の人間には退場してもらうのが「神聖な義務」というものだ。

 長谷川氏の言いたいことは正論である。正論を述べただけなのに批判をされるならばまだしも、「クビにしろ」などといった罵倒をされるのは絶対におかしい。言論の自由は守られるべきであり、言論弾圧は絶対に許されないのだ。私は長谷川氏の正しさを広めていきたいと思う。まさに長谷川氏こそ愛国者と呼ぶにふさわしいのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

リオパラリンピックで蓮舫パワーが炸裂した





 リオデジャネイロパラリンピックが終わったが何と日本は金メダルが0個だった。もちろん史上初めてである。大変恥ずべき成績であることは間違いないが、選手だけの問題ではない。むしろ外的要素が最大の要因である。これは蓮舫パワーが日本代表に直撃したからにほかならない。そう、民進党の代表となった蓮舫である。

 蓮舫といえば民主党(当時)の悪性の象徴・事業仕分けで大活躍した経歴を持つ。あの際蓮舫はこういったものだ。「2位じゃダメなんですか?」と。

 ダメなんだよ!お前の発言が1位になることを委縮させて金メダルが銀や銅になっちゃうんだよ!

 おそらく蓮舫のことだ。代表になってから日本代表の活躍を苦々しく思っていたはずだ。何故ならば二重国籍だから。二重国籍は殺人犯よりも罪深い存在だから自然と人格も卑劣になるのだろう。地球の裏側から二重国籍反日パワーを送り込んで日本選手にダメージを与えてきたのではないか?二重国籍の蓮舫ならばそれくらい余裕で可能なのだろう。

 蓮舫が首相になる可能性は限りなく低いが、このまま表舞台に立ち続けるようだと東京オリンピックやパラリンピックはかなりやばいことになる。そうならないように蓮舫の失脚はもちろん、蓮舫に呼応しかねない二重国籍者は日本代表から追放をする必要がある。オリンピックはメダル、特に金メダル獲得が重要だからだ。
タグ:蓮舫
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

伝説の試合から1年、奇跡は願えばかなう。





 本日はラグビーワールドカップで日本が南アフリカを破ってからちょうど1年が経過した日である。世界中のラグビーファンに衝撃を与えたこの試合は大変に日本人を勇気づけた。たとえ実現可能性が0に近くてもちゃんとかなうときはかなうものであるということを。



 私もこの1周年を機に実現不可能なことにもチャレンジをして奇跡を起こしてみたい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

石原元都知事を守らなければならない





 豊洲市場の地下を盛り土するはずが、なぜか空洞になっていた件で石原慎太郎元東京都知事が批判を浴びている。都知事としての責任を撮れというものだ。確かに言っていることには理がありそうだ。しかしこの件で石原元都知事を責めるのは間違っている。石原元都知事は建築の専門家ではない、だから専門的な内容を知りえるはずがないので積極的に”不正”を主導できるはずがないのだ。

 それよりもいまさらになって石原元都知事への攻撃は非常に気になる。石原氏は偉大な政治家だったので攻撃の対象にすれば自分の得点になると思ってやっているのが多いのかもしれない。だが石原氏は絶対にそのような魔の手から守らなければならない。

 なぜならば石原氏は日本を代表する国士だからだ。今は引退したが、国会議員として東京都知事として大変素晴らしい成果を上げたまさに偉大な政治家である。そもそも東京でオリンピックをやるようになったのは誰のおかげなのかを考えてみてほしい。それだけでなく尖閣諸島の件でも石原氏の辣腕が日本の都合のよい様に展開して外交的勝利を挙げることができた。まさに国士と言わずして何と言おう。

 石原氏の敵は日本の敵である。石原氏は「



 豊洲市場の地下を盛り土するはずが、なぜか空洞になっていた件で石原慎太郎元東京都知事が批判を浴びている。都知事としての責任を撮れというものだ。確かに言っていることには理がありそうだ。しかしこの件で石原元都知事を責めるのは間違っている。石原元都知事は建築の専門家ではない、だから専門的な内容を知りえるはずがないので積極的に”不正”を主導できるはずがないのだ。

 それよりもいまさらになって石原元都知事への攻撃は非常に気になる。石原氏は偉大な政治家だったので攻撃の対象にすれば自分の得点になると思ってやっているのが多いのかもしれない。だが石原氏は絶対にそのような魔の手から守らなければならない。">東京は伏魔殿」と言ったが、これは東京都職員のみならず少なくない東京都民も入っている。おそらく東京在住の在日が暗躍しているのだろう。今の小池知事は少なからず在日の利益にもなってしまっている。軌道修正が絶対に必要だ。

 石原元知事も小池現知事もどちらも愛国者。つまり愛国者同士手を取り合うこともできるはずだ。両者は強力をして伏魔殿の黒幕を叩き、愛国者を守ることをしなければ豊洲が死の土地になるだけでなく、東京で震災が起きたら共産党の朝鮮人が大虐殺を始める可能性だってあるのだ。
タグ:石原慎太郎
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

民進党の蓮舫新代表を祝福しよう!





 民進党の新代表に二重国籍の蓮舫が当選した。これは愛国者にとって大変素晴らしい結果である。なぜならばこれで民進党はテロ政党であることが明確になったからだ。二重国籍は殺人にも匹敵する大罪である。したがって殺人犯並みの重罪者をトップにする団体はテロ団体というのは当然だろう。

 これで愛国者たちもワクワクするだろう。これからは蓮舫叩きをネットで大々的に展開できるからだ。デマであろうが構わない。いかに蓮舫がろくでもない人間かを拡散させることで愛国心の強さが測れるのだ。蓮舫はかつて東日本大震災のときにデマを流されたことがあるが、それは蓮舫が反日だからだ。反日にはデマを流しても愛国心の一環として許されるのが常識だ。だから今回もデマを流しても許される。しかも相手は二重国籍が判明したからなおさらだ。

 二重国籍は国家に甚大な影響を与える。最も重大な内容は大災害が起きたときだろう。関東大震災では自警団によって不逞鮮人を大量虐殺することで日本の治安が守られたことがあった。しかし今もしも大災害が起きたらそのようなことはできなくなるだろう。蓮舫が間違いなく圧力をかけるからだ。仮に東京で大地震が起きたら被災地の在日が集団蜂起をして日本人を殺すという情報もある。それを日本人が防ぐことができなくなるのだ。だから二重国籍は殺人よりも罪が重いのだ。

 日本にとって蓮舫の存在は百害あって一利なし。たくさんデマを流して良識的な日本人が蓮舫を自然と恨むように仕向けることが今後の重大活動となる。まずは二重国籍の件で徹底的にたたいて国民に対して蓮舫がいかに極悪人であるかを広めることが重要である。
タグ:蓮舫
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする