検索
 

2015年08月01日

在日デザイナーの作品は早く撤回せよ





 新国立競技場の問題もひと段落して5年後の大成功へ向けてひた走る東京オリンピックにまたしても問題が起きた。オリンピックのエンブレムがベルギーの劇場のエンブレムと酷似していたというのだ。確かに左上と右下の部分はそっくり。ただの偶然という声もあるが、これは盗作の可能性が高いのだ。なぜならばデザイナーに問題があるからだ。

 エンブレムを手掛けた佐野研二郎は「まったく知らなかった」と逃げ口上を発した。だが、この佐野は本名を朴尊簸とする在日なのだ。在日はパクリが民族的特徴だから当然今回のエンブレムも盗作でないとつじつまが合わないことになる。

 したがって最初に選ばれた朴のエンブレムは破棄して新しい作品を作るべきだろう。こうして世界的にスキャンダルになったというのもあるが、それ以上に在日のデザインを使用するということに愛国者たちは耐えられないのである。発狂して死んでしまう者もあらわれるだろう。

 朴の目的は当然東京オリンピックを失敗させるためであろう。その2年前に行われるオリンピックが大失敗に終わるからだ。そのために東京オリンピックを道連れにさせる魂胆なのだ。東京オリンピックは絶対に成功させなければならない。そのためにもテロ対策として在日の追放が絶対に重要だ。イスラム過激派など放っておいてもいいぐらい在日は危険なのだから。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする