検索
 

2015年08月10日

安倍談話におわびはいらない





 戦後70年を記念して発表される「安倍談話」。その内容におわびの文言は入らないことになった。当然であろう。大東亜戦争において日本は悪いことは何一つしていないからだ。侵略もしていないし、植民地支配もしていない。日本は欧米の植民地とは違い、日本人としてちゃんと扱っていたし、正当防衛で武器をとったことはあるが日本から攻め入ったことはないのだ。

 むしろ日本軍の「悪行」とされているのはすべて中韓や欧米の捏造であることが証明されている。また、中国人や韓国人が日本人になりすまして犯罪行為を行ったことも明らかになっている。在日によるなりすましの犯罪が社会問題化しているがその萌芽はすでにこの時期にできていたのだ。

 安倍首相のしていることは正しい。しかしカルト政党の公明党は全く分かっていないようだ。「なぜ日本は反省をするのか。その対象を明確にしないと伝わらない」と主張し、「侵略」という文言もしっかりと位置づけるよう求めているからだ。まさに反日と言っていいだろう。

 それにくらべて幸福実現党はちゃんと日本のことを考えている。大東亜戦争において日本の軍人は英雄であったとちゃんとした事実を宣伝しているし、「大川談話」を発表して安倍政権にエールを送っているのだ。創価学会と幸福の科学では天と地ほどの差があるのだ。幸福の科学は本当に偉大な宗教だと思う。賛否両論となるのは承知で書くが、幸福の科学ならば日本の国教にしてもいいのではないかと思うくらいだ。

 安倍首相は勇気をもって公明党を斬ることを強く進言する。そうすれば国民の喝采を浴び、創価学会の力がなくても選挙に勝つことができるだろう。そこに幸福実現党や次世代の党と連立を組めばさらにその地盤は完ぺきとなるだろう。
ラベル:大東亜戦争
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする