検索
 

2015年09月29日

私も福山雅治のようにいい女と結婚をしたいものだ





 ものすごいビッグニュースだ。福山雅治と吹石一恵が結婚をしたのだ。先月の堀北真希の電撃婚をも上回る衝撃である。もちろんネットでは「あの福山雅治が!」ということで相当話題になっている。それも当然だろう。そうなると私も負けてはいられないという感じになってくる。

 私も福山雅治とは同世代の人間で独身。顔はさすがに福山にかなわないが、それでもいいものは持っているつもりである。金もあるし何よりも愛国心がある。だから私もぜひ吹石一恵のような女性と結婚したいものだ。吹石一恵といえば何よりもあの巨乳で有名である。推定Fカップの美乳を拝める福山は本当にうらやましい。

 私は吹石一恵級の巨乳美女とは何回もセックスはしている。だが、妻にするにはハードルが高かった。だからこそ人生の大勝負をかけてみたい。それくらい福山雅治がうらやましいのである。私も愛国界の福山雅治と呼ばれたいものである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

御嶽山の噴火と政治のつながりを忘れてはいけない





 58人が死亡、5人が行方不明となった御嶽山の噴火から1年がたった。しかしこの噴火は偶然に起きたものではない、必然なのである。それは政治に対する怒りで起きたのである。その怒りの対象は民主党である。実は民主党政権時において失政が行われており、その怒りで噴火が起きたのである。

 実は民主党はあの悪名高い「事業仕分け」において火山に対する観測強化にたいして「数千年に一度の災害のために警戒するのは無駄である」という論理で予算を消したのである。御嶽山もその対象になったのだ。それに怒った御嶽山がこの噴火を起こしたとしてもおかしくはないのである。



 古来より天災というのは政治と関連付けられていた。つまり政治の結果が悪ければ日本が災害にやられてしまうのである。地震は悪政に対して即座に攻撃を開始するが、火山の噴火は準備に時間がかかるので自民党政権下で起きてしまったのである。そのため安倍政権の悪政とみられがちだが、実際には民主党が問題なのである。

 日本から災害をなくすためには民主党の潰滅しかない。民主党は日本を崩壊させるための政党だからこの災害を機に叩き潰してしまうのだ。そうして自民党政権を盤石なものにすれば日本から災害は激減することであろう。特に安倍政権は愛国政権なので靖国の英霊をはじめ日本の神々から愛されているのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

アグネスへの殺害予告は愛国者の叫びでもある





 大変残念なニュースである。アグネス・チャンにツイッターで殺害予告をした犯人が割れてしまったのである。犯人は中学生ということだが、少年ということもあるので少年法で救ってほしいと思う。なぜならばアグネスに対する殺害予告は多くの愛国者の願いと一致するからである。したがって何としても捕まってほしくなかったのだ。

 アグネスは児童ポルノの単純所持も罪にするよう圧力をかけている。しかしその悪行はこれ以外にもたくさんある。有名なのがアグネス御殿の存在だ。殺害予告にも出てきた名前だが、その実態は日本ユニセフという怪しい団体から寄付金をピンハネして建てたという噂もある。そのほか東日本大震災の被災地を観光地に行ったかのような行動もとったこともある。まさに悪女の中の悪女なのだ。

 だからこそ犯人には捕まってほしくなかった。逃げてアグネスに恐怖心を与え続けてほしかった。これが日本を大好きな愛国者たち共通の願いだったのだ。かつてアグネスはがんにかかったことがあるが、この際だからもう一回がんにかかってほしい。そうすれば愛国者は拍手喝采だし、手を下さなくとも正義の鉄槌が下されたことになる手間も省けるからだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

スコットランド戦の勝利を祈願しに護国神社に参拝する





 イングランドで行われているラグビーのワールドカップ。日本時間の本日夜に第2戦のスコットランド戦が行われる。初戦の南アフリカ戦は歴史に残る逆転勝利で世界中の度肝を抜いた。かくゆう私もその一人である。最後のシーンはまさに鳥肌が立った。



 次のスコットランドは世界ランク的には「格下」だが実績は圧倒的に向こうのほうが上、しかも日本が第2戦目に対してスコットランドは初戦。体力的な差が出てもおかしくはない。相手も南アフリカ戦を見て気を引き締めることだろう。つまり初戦よりも厳しい試合になることが十分予想できる。

 そういうときこそ靖国の英霊に頼むのである。靖国の英霊は数多くのご利益を与えてきた。もちろんラグビーにおいても価値を導いてくれるだろう。何よりも「英」霊の英の字と、開催国イギリスの略称「英」国は字が同じだからそういった面からも期待できる。

 とはいえ、私は靖国神社に参拝ができない。出張のため東京にいないからだ。そこで出張先にある護国神社に参拝をした。護国神社は靖国神社の分社的存在だから靖国参拝ができなくても何の問題もないだろう。とにかく私の祈りが英霊を通じて日本代表に届き勝利してくれることを祈っている。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

日本代表の快挙を祝おう!





 今日は何といってもこの話題だろう。イングランドで行われているラグビーのワールドカップで日本代表が世界ランク3位の南アフリカを破ったのだ。これはもはや日本だけの快挙ではなく、世界レベルの快挙として語り継がれている。本当にすごいことだといいたい。

 さて、すでにお気づきの方も多いと思うが日本代表のメンバーを見ると外国人の選手が多いことに気付くだろう。実はラグビーでは3年以上日本に住んでいれば誰でも日本代表になることができるのである(他国の代表になった選手は当然除外)。今大会には実に3分の1が外国人ということで、日本人だけの勝利ではないというわけだ。

 このことは安保法制にも実はかかわってくる。安保法制によって集団的自衛権が認められることになったわけだが、それは自国だけ守ればそれでいいわけではないということだ。日本が世界のために動くということだ。それはラグビー代表の件もおなじこと。ラグビー代表のように日本も日本だけでなく、世界中で活躍をしてこそ世界から尊敬される。日本代表が世界から称賛されているのは試合に勝っただけではないのだ。

 次の相手はスコットランド。南アフリカに比べれば世界ランクは下だが、強豪であることには変わりはない。ここで勝って初めてのベスト8を確定させてもらいたい。今の私の願いはただそれだけだ。
タグ:ラグビー
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

石田純一の息子がダウン症になったのは親の天罰だった





 無事成立した安全保障関連法案。しかし反対派は有名人の意向を利用して数々の攻撃を行っていた。石田純一もその一人であった。石田は「戦争は文化ではない」とかつての自らの名言「不倫は文化」を利用してスピーチをしたがとんでもない。戦争を文化にしてこそ偉大な日本が作られるのだ。それに反する石田の発言は日本の文化を破壊するものとしか考えられないのだ。

 さて聡明な読者ならば何が言いたいのかわかるだろう。そう、石田純一の息子である。石田の息子はダウン症というのは有名な話だが、そうなったのは間違いなく親の因果が理由だということだ。仏教では親の因果が子に移るという言い伝えがある。今回のケースもそれと同じで親のあほな行為によって息子に被害が及んだのであろう。

 そうなると参考になるのが親学だ。親学とは「親になるために学んでほしいこと」であり、多くの愛国者が賛同者に名を連ねている。石田も親学のすばらしさを学べば、ちゃんと子供も問題なく生まれることができるのだ。

 石田は今からでも遅くはない、戦争反対を叫ばずに親学に深く帰依することだ。それこそ子供を救い日本を救うことになるのである。今のままならば妊娠中の第2子もとんでもない障害児となって生まれてくる可能性が極めて高くなるだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

祝安保法案成立!野党議員は除名をして独裁体制の確立を!





 日本を救う安保法案が無事成立した。しかしこれで喜ぶのは早計だ。なぜならば安保法案反対派はテロの実行を予告しているからだ。そしてその裏には野党がいる。何故ならば野党は国会内で乱暴狼藉をしていたからだ。

 野党は自分たちが正しいと思い込んでるのだろう。だからこそ安保法案を防ぐために暴力行為をしてきた。殴る蹴るの暴行をしてきたのである。また暴言もしてきた。こういう連中が日本を良くするわけがないのだ。そしてこれは除名処分に値する行為である。

 憲法、国会法、衆議院規則、参議院規則には各議院の秩序を乱したり品位を傷つけることが甚だしい場合には除名ができるのである。これを利用して野党議員を除名するべきなのだ。出席議員の3分の2以上が賛成すれば除名処分となる。

 これを利用して自民党は民主党を壊滅させるべきだ。まずは明らかにアウトな議員を除名にかける。当然、民主党など野党は妨害してくるだろう。そこでそれを使ってさらに除名事案を作るのである。そして採決時には無理やり野党議員を追い出せばよいのだ。出席議員の3分の2が基準なので与党議員のみにすればなんでもし放題である。

 国民は安保法案のことなど詳しくは知らない。ただデマに流されただけなのだ。そしてその流出元が野党にあることも国民はちゃんと知っている。流れは与党にある。今こそ与党は勇気ある行動をとって独裁体制を築き上げるべきだ。
posted by 愛国 at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

安保法案は参院委員会を可決、邪魔な議員の口は封じよ





 安全保障関連法案は参院の特別委員会で可決され本会議に送られることとなった。しかしその委員会では野党議員が暴力行為を行い、議事進行を妨害してきた。これでは何のための議員なのかわからないではないか。これには国士も怒っている。



 ちなみにこの福山とは本名を陳といい、代表的な帰化議員である。そのほかにも野党には多くの帰化議員がいる。そもそもこの法案に反対する人間は中国人、韓国人とその出身である帰化日本人だけなのだ。したがって真の日本人の賛成率は100%となる。

 ちなみにこの福山が今回行った妨害にフィリバスターというのがある。これは延々と国会内で演説をすることで時間を稼ぐことである。どういった演説化は聞いていないが、もちろん意味のない内容であったことは間違いない。なぜならば頭がおかしくない限り意味が取れないようになっていたからだ。そんなわけで議会は汚されてしまった。このままではいけない。早急に議員の発言権を封じる必要がある。

 そもそも日本の国会には実りある議論はいらない。その口実をもとに好き勝手やっているのだから。必要最低限のこと以外は口に出す必要はないのである。だからこそ議員の発言権は1回につき10分(必要ならばもっと短く)と決めて、議員がしゃべらなくてもいいような議会に改良する必要がある。

 正しい政治ができていれば言論の必要性はない。むしろ邪魔以外の何物でもない。安倍政権下では日本のけん制死に残る正しい政治が行われている。だからこそ粛々と言論を必要としない政治を行うべきなのだ。真の日本人は必ずそれを支持するだろう。そして反対する人間は例外なく中国系韓国系の人間となる。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

言論を実力行使で妨害する野党はテロリストでウソつきだ





 参院の平和安全法制特別委員会が総括質疑を行えなくなった。野党が妨害をしたからだ。総括質疑は安全保障関連法案の採決に向けて行うためのもの。おそらく野党は「自分たちは正しい」と思っているから何をやってもいいと思っているのだろう。まさにテロリストの論理である。

 それだけではない。民主党は意味不明なことを言っている。代表の岡田克也が「1億人の民意がいる」といったのだ。民主党の支持者が1億人もいるはずはないだろう。こんな小学生でもわかる算数ができないとは本当に政治家なのか?日本人なのか?といいたい。おそらく1億人の内訳は中国人が6千万、韓国人が約4000万、日本人が3万3千人なのだろう。

 日本の政権与党は自民党だ。自民党は国会に6割の議席を持っている。つまり自民党は7000万の民意を体現しているのだ。だから自民党がいいといえば、7000万人がいいというのだ。だから何をやっても許されるのである。

 自民党は強行採決を行い、安保法案を早期成立をさせるべきだ。そしてこの法案が戦争法案でないことを証明すればいい、そう最初の自衛隊をデモを起こしている連中に攻撃させるのである。日本をむしばむ反日勢力に対して集団的自衛権を行使して、日本版天安門事件を起こすのである。こうすれば誰も安保法案に逆らえないだろう。

 日本の政治を良くするのは野党ではない。安倍政権こそ真の救世主である。したがってこの件を機に野党の議席を奪い、だれも反対できないようにすべきだろう。今こそ大政翼賛会を作って戦争に備えるのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

鬼怒川の大水害は民主党のせいだった





 数十年に一度の豪雨により鬼怒川の堤防が決壊し多大な被害を出した茨城県常総市。先日「安倍政権の善政で死者が出なかった」と書いたが、それが覆りそうなこととなった。しかし実際には覆っていない。この件の原因は安倍政権になかったことが証明されたからである。

 実は堤防が決壊した場所には太陽光パネルが設置されていたのである。しかもパネル設置のために土を削ったという疑惑も出ている。これが事実ならば大変なことだが、このようなことが起きたのは民主党のせいだったのだ。民主党は「コンクリートから人へ」という意味不明なスローガンによって、太陽光発電を推進した。これが今回の事件を生んだのである。

 また、事業仕分けによってスーパー堤防がダメになったことも大きい。鬼怒川は対象外だったとはいえ民主党の姿勢が氾濫を引き起こしたといえるからだ。まさに民主党の失政が引き起こした人災だったのである。したがって安倍政権には何の日がないことが明らかになったのだ。

 災害の起こった今こそ民主党時代の総点検を行い、いかに民主党政治が日本をダメにしたかを検証するべきであろう。そう、「愛国仕分け」を起こすのだ。それでメディアを利用して徹底的に民主党を糾弾すれば反自民党で動くマスコミに対してもけん制となる。
タグ:民主党
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

12万人がなんだ!安保賛成派は1000万人単位でいるぞ!





 安倍政権が進める安保法案で反対派がデモを大成功させたと自画自賛している。主催者曰く12万人が参加したとしているが実際には3万人しかいなかったことがわかっている。そもそもデモは数の問題ではないのである。つまり安保法案反対派の脳みそはだいぶお花畑ということだ。

 さて、デモを行うのは安保法案の賛成者も同じである。日本の各地で愛国者たちがデモを行っているのだ。都内でも500人が参加したデモが行われた。少ないように見えるがこれは東京だけの数字、日本全国を合わせれば1おおお万単位で参加しているのだ。何故ならば宗教的なパワーも参戦しているからである。それはもちろん幸福の科学である。

 幸福の科学は安保法案に賛成を表明している。大川隆法総裁は自らの霊能力で安保法案反対派の本性を明らかにもしている。また、安保法案に反対する学生連合「SEALDS」に対しても愛国的な妨害行為を仕掛けて大成功に導いている。



 その幸福の科学の信者数は国内に1100万人と言われている。実際には未成年の信者もいるし、病気で活動できない信者もこの数ならば当然含まれるはずなので、安保法案に賛成する信者はこれよりは当然低いだろう。しかし1000万人単位は間違いないといえる。つまり反対派の10数万などゴミのように小さい人数なのだ。

 安倍首相は安心をするべきだ。安保法案は賛成派のほうが多いのである。これは人数の面でそうだし、宗教的な面でもそうだといえる。だから強行採決をして絶対に成立させるべきだ。自民党は与党だから国民の信任を選挙で得たのだ。何をやってもいいのである。
posted by 愛国 at 07:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

憲法学者は日本の恥である





 司法試験の問題を漏えいしたとして、明治大学は法科大学院の青柳幸一教授を懲戒免職とした。青柳教授の専門は憲法。つまり憲法学者だ。また憲法学者の不祥事ということで、憲法学者は日本の恥さらしであることが確定したといってよいだろう。

 6月には国会で憲法学者が「安保法案は憲法違反だ」と発言したことがあった。しかも与党が参考人として読んだ憲法学者がである。こういうときは与党の言いなりになるのが学者の務めなのにそれを放棄したのである。まさに学者の風上にも置けない。こういう人間を「法匪」と呼ぶのである。

 ちなみに国会で安保法案を違憲とした学者だが、「中国に降参するのがいい」と発言していたことがわかった。つまり憲法学者とは反日だったのだ。なぜ憲法学者がこのように不祥事まみれかというと、憲法がおかしいからに他ならない。間違った教えを信じているから人間性もおかしくなってしまうのである。

 このようなことをなくすためには改憲をして正しい憲法を作り上げなくてはならない。正しい憲法があれば司法試験でも問題漏えいは起こらないし、安倍政権に対しても逆らうようなこともしなくなるのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

死者が出なかったのは政治のおかげである





 日本列島を横断して猛威を振るった台風18号。冠水などの大きな被害も出た。しかし死者は出なかったのである。これは台風が大したことなかったからではない。安倍首相のおかげといっていいのである。そう、政治の勝利だったのだ。

 昔は天災が起きるのは為政者の不徳によるところが大きかったとされた時代があった。今はそんなことはないが、それでも「左翼政権の時に震災は起きる」という法則があるから決して無視はできない。それどころか正しいのである。台風自体は政治とは関係ない。だから安倍政権下でも防ぐことはできない。しかし災害は日ごろの行いで防げるのだ。

 安倍政権は自民党総裁選も見事無投票に抑え込み、盤石の支配体制を築いている。このまま安保法案も成立させてくれるだろう。これこそ台風がきても犠牲者が出なかった最大の理由である。安保法案は日本人を救う。だから日本人を救ってくれたお礼に台風も空気を呼んでくれたのである。

 安倍政権下がこのまま半永久的に続けば日本の災害は劇的に減ることになるだろう。これは決して偶然ではない。必然的なものである。そして天候に影響を与えるほど安倍政権は愛国的なのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

神聖な義務を果たさない野田聖子は総裁にふさわしくない





 本日、自民党の総裁選が告示される。安倍総裁の再選は決定的だが、安倍総裁を偉大にするためにも無投票が望ましい。しかしそんな状況にくぎを刺す空気を読めないのがいる。そう、野田聖子だ。この女は非嫡出子のくせに、政治家になって自らの政治思想をゴリ押しする悪女なのだ。絶対に許してはいけない。

 そもそも野田が総裁選にこだわるのは人気取りのためだという。もちろん建前では「国民のため子孫のために」と叫んではいるが、実際にはそうではないということだ。まったく大ウソつきである。絶対に総裁にしてはいけない。

 実は野田は政治家として致命的な問題を起こしている。それは自分の子供の件だ。野田には1年で9回の手術を受け、脳梗塞になり産まれてからずっと入院、人工呼吸器を装着し、経口摂取は不可、右手右足に麻痺があるという重い障害をもった息子がいる。つまり金食い虫だ。そういう子供を生きながらえていることこそ利己的であることの何よりの証拠だ。

 今の日本は、医療費削減が重大な政治問題となっている。それに背を向け自分は大金を使うことなどあってはならない。子供は日本のために安楽死させるべきなのだ。かつて愛国者として有名な渡部昇一氏は「第一子が遺伝病であれば第二子を控えるのが社会に対する神聖な義務ではないか」と語ったがまさにその通りで、保守とはこうあるべきなのだと感じるのだ。

 そんなわけで自分の子供を見殺しにできない野田に総裁としての資格はない。いや、自民党代議士の資格もない。このような売国議員は自民党から追放して二度と安倍総裁に逆らえない空気を作るべきなのだ。
タグ:自民党
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

韓国人は自分たちを神と思っているようだ





 アメリカでは同性での結婚が合法となっている。しかしキリスト教の影響が強いため反対意見も根強い。そんな中同性カップルに対する結婚証明書発行を拒み続けた行政担当者が法廷侮辱罪で収監されるという事件が起きた。
拒否した理由が「神の権限で拒否する」という大変わけのわからないものだったから世界中の笑いものと化したのは記憶に新しいところだ。

 そしてやはりというか当然というか、この馬鹿なことを行った行政担当者は韓国人だったことがわかったのだ。厳密にいえば韓国系アメリカ人である。しかしどちらにしてもⅮNAは韓国由来のものである。それでは名前を発表しよう。その行政官の名前は「キム・デービス」である。キムという名前が何よりの証拠。これには言い逃れもできないだろう。

 顔写真を見ると韓国人には見えない。しかしこれは韓国人お得意の整形である。だから決して不自然なことはないのだ。それにしても韓国人は自分を神と同じレベルの人間だと思っているところが実に愚かである。だから世界中でバカにされるのだ。どちらにしても韓国人はアメリカに行くと不祥事したくなることが判明した。FBIやCIAはアラブ系に嫌疑をかけたがるがこれを機に韓国人にかけてみてはどうか?ついでに中国人にもやってくれるとありがたい。

 日本にとってアメリカは偉大な同盟国。その同盟国からアメリカのためにアドバイスをしているのである。捜査当局は日本からの真摯な意見に耳を傾けるべきであろう。日米で世界平和のためには何よりも協力が欠かせないのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

村山は愛する中国で死んでしまえ





 中国の抗日記念式典に出席するため北京を訪問している村山富市が入院をした。大変素晴らしいことである。なぜならば村山は村山談話を出し日本の名誉をこれでもかというほどに汚した極悪人だからだ。しかもボケている。これを見ればいかに村山がろくでもない人物かがわかるだろう。



 そんな村山がなぜ式典に参加しようとしたか?理由は簡単、日本が嫌いだからだ。日本が嫌いだから反日式典に参加しようとしたのだ。だが、今回の入院で参加ができなくなってしまった。おそらく村山のことだから悔しくて悔しくて野々村竜太郎なみに泣いていることだろう。



 そんな村山も90歳を超えた。高齢化対策のためにも一刻も早く死ぬのが日本のためというものだ。そしてそのまま中国で死んでもらいたい。村山本人も愛する中国で死ねるのならば本望だろう。そして死体は絶対に日本に来ないでもらいたい。福島原発の数兆倍も危険な反日放射能によって偉大な日本が汚されるからだ。村山は産業廃棄物ではない。核のゴミ未満の存在なのだ。
タグ:村山富市
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

組織委員会から在日を追放せよ





 東京オリンピックのエンブレムに盗作が発覚し、大会組織委員会はエンブレムの使用中止を正式に決定した。そもそもこのエンブレムを作成した佐野研二郎は他の作品においてもパクリをたくさんしていたことが判明、ついには「佐野る」という用語まで出てくるほどである。

 佐野の行為を見るとまさに小保方晴子とうり二つだということがわかる。2015年の小保方と呼ぶにふさわしいだろう。ここまできたら佐村河内や野々村の真似をしてほしいものだ。さて、小保方は罪滅ぼしとして服を脱げとさんざん言ってきたが、佐野は男なので脱がなくてよい。だが祖国には帰る義務を果たすべきだ。そう、佐野は在日なのだ。

 佐野は朴尊簸という名前であるとネットで流れている。この名前が本名かどうかはともかく、在日であることは疑いようはない。ちなみに選考の過程から在日お得意の八百長が起きていることもわかっている。まさに佐野は日本の敵なのだ。したがって東京オリンピック成功のためにも在日委員は追放しなければならない。

 今回のゴタゴタは東京オリンピックを失敗させるために外部からスパイが紛れ込んだことが理由だ。したがってスパイを摘発して、追放をしなければ確実に失敗するであろう。日本の国益のためにも絶対に遂行しなければいけないのは当然のことだろう。

 まずは佐野を追及してどのような指令を本国から受け取ったかを明らかにするべきだろう。このままでは在日によって日本の偉大さを見せつけるためのオリンピックが失敗してしまう。そのためにも組織委員会を愛国者のみで占めさせ、不安が全くないようにしなければならない。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

本日は防災の日。真の防災を行おう。





 本日9月1日は防災の日だ。92年前の今日、関東大震災が起きた。災害と言うのはいつどこで起きるかわからない。御嶽山の噴火もそのような部類と言えるだろう。だからこそ災害が起きたときの対処は必要である。それは外国人犯罪の対処である。

 災害あるところに在日外国人の犯罪は必ず起きる。なぜならば日本は偉大な国だからだ。日本に嫉妬する外国人がここぞというところで犯罪を起こすのである。関東大震災においては朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだのが非常に有名である。

 それだけではない。東日本大震災では避難所となった仙台の中学校で中国人による暴動が起きていたし、広島の件でも外国人の空き巣があったのだ。しかも広島の件においては警察に圧力をかけて「外国人による犯罪はない」とまで言わせていたのである。警察にまで圧力をかけるくらいだ。そうとう大きな力が働いているのだろう。

 外国人犯罪は必ず起こる、いや起きなければならないのだ。先に述べたように日本は偉大な国である。その偉大さの最小単位は家族そして地域である。外国人犯罪によって地域も団結できるのである。関東大震災で自警団を作ったのはまさにその好例だ。だからこそ外国人犯罪はなければ作ってでも必要なのだ。

 もちろん対処がなければ意味がない。先人は自警団を作って怪しい朝鮮人を皆殺しにした。だからこそ関東大震災時に秩序が保たれていたのである。今でいうと在特会がその役目を果たすだろう。在特会は政治家とのつながりもあるからいざと言う時のために活躍が十分に可能である。そうすれば将来的に災害が起きても国民が一致団結すれば大丈夫なのだ。そのためならばデマを流すことも厭わないくらいでないといけない。

関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実 -
関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実 -
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする