検索
 

2015年11月01日

屈辱の日から7年 田母神氏更迭





 あの屈辱の日から7年が経った。7年前、田母神俊雄航空幕僚長が力作「日本は侵略国家であったのか」が「真の近現代史観」懸賞論文最優秀藤誠志賞を受賞した輝かしい日が10月31日だった。 

 しかし、自虐史観に毒された事務次官や官房長らの陰謀で無理やり、栄光から更迭という屈辱の日にさせられてしまった。しかも職を奪うだけでは飽き足らず退職金をも掠め取ろうとした。この暴挙にはほとほと呆れ果てた。幸いにも愛国者たちの活躍で退職金を奪われることはなかったが、歴史観を異にするだけで強盗まがいのことを平気でしてくる者達の危険性がいかにすごいかを教えてくれた。

 一般公開されている(これがネット社会のよいところですね)論文を見たのだが、非常に格調高くあまりのすばらしい内容になぜか涙が出てきてしまった。論文の内容は非常に愛国的であり、なおかつ文章も非常に美しく、論文ではなく小説としても稀代の傑作といえる。最優秀が与えられるのが当然だなと思える。

 田母神氏が一番問いかけたかったのは、日本人はもっと誇りを持つべきだということだ。日本の戦後教育はコミンテルンの支配下にあった日教組の手によって徹底的に自虐史観を叩き込まれていた。それに意見をするものはコミンテルンや特定アジアの圧力によって徹底的に弾圧されてきた。
 
 田母神氏の偉大なところは航空幕僚長の地位にありながら、公然と正論を述べたところにある。残念ながら田母神氏本人も弾圧を受けてしまったが、今までの洗脳を解くのに十分な活躍をしたのは間違いない。

 先にも書いたとおり、コミンテルンは現在も活躍している。冷戦の産物と思われるだろうが、冷戦時よりもその力は強大化している。正確に言うとコミンテルンは、特定アジア3カ国と結託することで強大化してきた。河野談話や村山談話もコミンテルンと結託した特定アジアの圧力から生まれたのは語るまでもないだろう。

 日本はコミンテルンによって悪者扱いされてきた。日韓併合も満州事変も大東亜戦争もそうそれだけには飽き足らず、東京裁判を押し付けて、日本だけを悪者にしてきた。正義であることを何よりも大切にする田母神氏はこうした状況に耐え切れなくなった。それが論文の形で結晶化したのである。

 コミンテルンに洗脳された反対派は「これは論文の名を借りた資金援助だ」と根拠不明の罵倒をするが、それが言いがかりなのは当たり前だ。そもそも審査委員長はあの渡部昇一氏である。保守の代表的人物であり、精神的支柱であり、清廉潔白を信条とするまさに日本のあるべき姿を体現した人物である。そのようの偉大な人物が論文の名を借りた資金援助などという偽装行為をするはずがないではないか。

 それにしても日本2大国士の1人で愛国者の代表的存在であった田母神氏が更迭されたことで日本はその国力を大きく落とすこととなってしまった。特定アジアは田母神氏の存在によって日本を攻撃することをためらっていたのだが、更迭を好機に着々と侵略の準備を進めている。

 だが田母神氏が国民い立ち上がるよう呼びかければ怖いものはない。そんな今だからこそ、国民は田母神氏を元の職に戻すよう動かなければならない。もし田母神氏がダメならば田母神氏も認める愛国者をつけないといけない。
タグ:田母神俊雄
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする