検索
 

2015年11月11日

ミャンマーは日本にとって危険な国になるかもしれない





 ミャンマーで選挙が行われ、アウン・サン・スー・チーが党首の野党が勝利を確実にさせた。スー・チー本人は大統領になることはできないが、党首としてミャンマーをお語化していくのは確実だろう。そうなると日本にとっては危険なことになりかねない。なぜならばスー・チーは反日だからだ。

ミャンマーの民主化運動を指導し、ノーベル賞を受賞したこともあるアウン・サン・スー・チーだがこの女は極悪人である。かつて訪問した韓国(そもそもなぜこのようなところに行くか?)で日本に対して歴史問題を批判したからだ。

 スー・チーは「過ちは誰でもあるが、過ちを認めることをためらうことこそが本当の過ちだ」と述べた。だがこの女は何も理解していない。日本はそもそも過ちを何も犯していないということを。歴史問題は韓国の捏造であるし、従軍慰安婦は勝手に戦場について行った売春婦だし、南京事件も日本人が殺したという証拠はない。つまり過ちとは妄想以外の何物でもないのだ。

 日本は神武天皇以来2700年の正確な歴史を誇る偉大な国、どこかの根拠のない半万年の歴史が〜という捏造国家とは違うのだ。それ以前に韓国に来て発言をすること自体がありえない。自分が利用されていることをわかっているのだろうか?

 このスー・チーは節操のない女である。父アウン・サン将軍はミャンマー独立の英雄として知られており祀られているが、その廟を爆破したのは他でもない北朝鮮である。亡き父親が見れば犯という破廉恥なことをしているのかと嘆き悲しむであろう。

 日本とミャンマーの友好を汚す罪は重い。もしも再び反日思想を表に出すのならば日本は迷わず、ミャンマー政府を転覆させる計画を立てる出来だろう。具体的には現与党や軍部を応援してクーデターを仕向けることだ。ノーベル賞をとったから勘違いをしているわけではないのだろうが、日本にとって危険な目は早めに摘む必要がある。
ラベル:ミャンマー
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする