検索
 

2015年11月23日

大阪ダブル選挙は橋下派が勝利





 大阪府と市のダブル選挙は大阪維新の会が2勝と完勝した。とはいえ投票率も低迷。それはそうだろう、どちらも信用できない候補者による争いなのだ。

 私の意見は在特会の桜井誠会長が完全に代弁してくれた。桜井会長によれば悪魔と妖怪の戦いなのである。維新側については橋下市長は愛国的な発言もしたことはあるし、反維新側は自民党大阪支部が応援している。それでもダメなものはだめなのだ。反日がいいことをしても犯罪者であることには変わりがないのだ。さすがは在特会会長として日本を代表する組織に育てただけのことはある。こういう立派な方がもっと政治にかかわれば日本はさらに良くなるだろう。

 別に大阪に住んではいないのでどうなろうと知ったことではないが、国政で安倍政権の足を引っ張ることだけはやめてもらいたい。たかが一地方のことで安倍総理の神経を集中させることは国益に反することだからだ。そうでなければとりあえず大阪は橋下一派のものだから好き勝手に大阪を実験台にしてもらえばいいだろう。
ラベル:橋下徹
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする