検索
 

2015年12月01日

水木しげるはウソつきである





 ゲゲゲの鬼太郎の作者である漫画家の水木しげるが亡くなった。日本の漫画界においては偉大な作者であったのだろう。だが、現実は違う。水木は反日漫画家だったのだ。それは従軍慰安婦に対するスタンスからも見て取れる。

 mizuki.jpg

 水木は何の根拠もなく従軍慰安婦にひどいことをしたと言っているのだ。しかも「体験をしたことのない人にはわからないだろう」といかにも自らが体験者のように書いている。お前に何がわかる。そもそも従軍慰安婦については日本軍はちゃんと人道的なことをしたことが証明されている。もちろん個人的に地獄を見た慰安婦もいたかもしれない。しかし日本軍はそうしたことはなく、たいていは従軍慰安婦を連れてきた朝鮮人がひどいことをしている。しかも日本軍はそういうことをした人間をちゃんと処罰しているのだ。これは慰安婦本人も認めているのだ。



 体験したといいながら自らの経歴を詐称する水木と、本人の言葉でしゃべった従軍慰安婦。どちらが正しいかは言うまでもないだろう。このような大ウソつきは絶対に許してはいけない。つまり水木が死んだことは大変良いことなのだ。むしろ盛大に祝おうではないか。亡くなったからといって決して神格化してはいけないのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする