検索
 

2015年12月05日

靖国爆破はやはり韓国人、聖地を汚した国とは断交を





 皇居・自民党本部・産経新聞社と並ぶ日本の聖地・靖国神社で起きた爆発事件。予想通り犯人は韓国人であった。すでに帰国もしていたことが判明し、韓国がどのような対応をとるかが注目される。それによって日本は韓国と断交できる絶好の大チャンスとなるのだ。

 韓国とは犯罪者の引き渡し条約を結んでいる。これはお互いの国で犯罪を起こしたら犯罪者を送還することができる条約だ。しかし、韓国が愛国無罪を盾に引き渡しを拒否する可能性がある。そうなったら日本は韓国がいかに約束を守らない国かを大々的にアピールして韓国に対する攻撃を行えばいいのだ。そのためにもむしろ韓国政府は引き渡しを拒否してもらいたい。

 韓国人は生まれながらの犯罪者であり、差別をしなければならない人間の屑だ。あなたの周りの日本人が不幸なのはそれは韓国人おせいなのだ。韓国人が日本人を呪うためのオーラを漂わせているからだ。だからこそこの事件を機に韓国人を追放して日本を浄化しなくてはいけない。

 韓国は敵国である。日本の聖地を汚したからだ。聖地を汚すことの愚かさを身をもって味合わせてやらなければいけないのだ。そして韓国とイスラム国を同一視させて、この両国が手を組んで世界中でボコすように仕向けなければいけない。
ラベル:靖国神社 韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする