検索
 

2015年12月13日

靖国テロ支援組織による卑劣な犯罪がまた起きた





 靖国神社で起きた卑劣なテロ事件。韓国人の男が逮捕されたが、韓国は逆ギレして卑劣な自作自演を起こした。横浜の韓国総領事館へ「靖国爆発の復讐です」という言葉を添えたいやがらせを起こしたのだ。しかも在特会の名前を騙ったのである。



 いうまでもなく在特会並びに桜井氏は無実である。もちろん「本人が否定しているから」という理由ではない。在特会の今までの行動を見れば、あまりにも下品すぎる行為だからだ。在特会はその愛国心ゆえに警察に逮捕される行動も起こしてしまった(言うまでもなく反在特会の陰謀である)が本来ならば清廉潔白な組織、1億歩譲って脅迫行為を行ったとしても汚物を送るようなことは絶対にしないと断言できる。だからこれは在特会の犯行ではないのだ。

 したがって犯人は韓国人である。もしくは在日、反日左翼であろう。韓国の領事館員の自作自演ではない可能性は十分にあるが国家レベルで見れば100%自作自演である。そもそも韓国自体が八百長を国技とする自作自演国家であることを忘れてはならない。

 このようなことを防ぐためにも韓国とは断交を絶対にすべきである。韓国は日本の聖地を汚すのみならず、。その行為に怒る人物をもさらに傷つけた。もはや日本とは絶対にかかわってはいけないのだ。日本人の精神性を汚す国家は断交して、代わりに北朝鮮と組んで南北で韓国を挟撃すべきであろう。少なくとも北朝鮮は韓国よりもましであろう。
ラベル:靖国神社 在特会
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする