検索
 

2015年12月18日

加藤支局長への無罪は当然である。





 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉棄損で在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する判決公判があり、無罪となった。これは当然のことである。今回の件は明らかに産経新聞を狙い撃ちにしたものであった。なぜならば産経は日本を代表するクオリティペーパーだからだ。

 産経新聞は日本のクオリティペーパーのみならず政府機関紙としての機能も持っている。それは産経新聞の記事を見ればわかるだろう。もちろん民主党政権下においては「下野宣言」をしたこともあり反政府だったが、いまは完全に安倍政権と一心同体となった。つまり日本政府の代理といっても過言でないのである。つまり名誉棄損裁判はそんな日本政府の代理に対する非礼は日本に対する宣戦布告を目的としていたのだ。

 無罪判決は当然だが、それにしてもあの韓国の裁判所が無罪を出すとは驚きである。奇しくも日本では離婚禁止期間が違憲だと出たばかり、日本のほうがおかしな裁判をしているという大変奇妙なことが起きてしまっているのだ。このままでは日本はだめになってしまう。産経新聞は日本司法を韓国よりも素晴らしいものにする必要があるだろう。

 再び書くが、産経新聞は日本のクオリティペーパーのみならず政府機関紙。したがって産経に対する非礼は日本に対する非礼と同じこと。韓国に対して一刻も早く宣戦布告をして韓国を侵攻し竹島を奪還するのみならず北朝鮮と組んで南北で挟撃をして韓国人を少しでも多く死なせる必要がある。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする