検索
 

2015年12月23日

陛下のますますのご健康をお祈りします





 本日は天皇誕生日である。大変喜ばしい一日だ。陛下にはますますのご健康とご長寿を願う次第である。しかし気になることもある。陛下が先の大戦を否定的に見ていることだ。陛下は、「先の戦争のことを十分に知り、考えを深めていくことが日本の将来にとって極めて大切なこと」と述べられたのだが、「平和であったならば、社会の様々な分野で有意義な人生を送ったであろう人々が命を失った」とした上で、「非常に心が痛みます」と声を震わせていたという

 しかし先の大戦は聖戦である。日本は何も悪くはないし、侵略などもってのほかである。だから戦争はあってよかったのだ。そしてこれからも戦争ができるようにしなければならないのだ。にもかかわらずこの発言をしている。つまり陛下の周りには、反日左翼のスパイがいるということに他ならない。

 反日左翼は陛下はリベラルだと信じ、自分たちの味方だと思い込んでいる。だから平気で政治利用をする。しかし陛下を政治利用していいのは愛国者、具体的にいうと保守であり右翼だけだ。左翼が陛下を政治利用するなどおこがましい以外の何物でもないのである。だから愛国者は全力で陛下に正しい歴史を伝えていく義務がある。

 陛下には左翼の政治利用に負けず長生きをしてもらい、先帝陛下の年齢を越え100歳まで生きてもらいたいと思う。そうなれば長寿社会にふさわしいし、皇太子殿下が先に亡くなって秋篠宮殿下や悠仁親王に皇位がいけばさらに最高である。だからこそ陛下もそれにふさわしいお考えを持たなければならない。正しい歴史認識ができなければただのボケ老人である。
タグ:皇室
posted by 愛国 at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする