検索
 

2015年12月28日

韓国へのいやがらせに「嘘をつく老婆の像」を作れ





 従軍慰安婦問題の解決を目指して岸田外務大臣が訪韓した。しかし韓国側は元慰安婦への支援拡充について、20億円を日本側に要求するという暴挙に出た。さすがゆすり大国と知られる韓国だ。日本を金づるとしか思っていないようだ。

 そもそも従軍慰安婦は韓国が捏造する虚構中の虚構である。日本軍に強制的に連れ去られ痛い目にあったと本人たちは言う。しかし実際には日本軍とは何の関係もないということがいくつかの証拠から明らかになっている。慰安婦たちは金のために日本軍を貶めるために嘘をついていたのだ。

 しかし韓国は明らかになったウソを世界中に広めようとしている。それを阻止すべく愛国者たちは行動を起こす必要があろう。だからこそ銭ゲバ韓国に対する親がらせとして「嘘をつく老婆の像」を作るべきだろう。実はこれは私のオリジナルではない。この案を考えたのは旧皇族の竹田恒泰氏だ。竹田氏はこう語ったのである。




 まさに竹田氏の言う通りだろう。慰安婦の本質を銅像にすればかなりのインパクトを与えられる。この像を世界中に作れば従軍慰安婦の虚構性をアピールできるだろう。そのためにも資金を大量に調達する必要がある。

 だからこそ竹田氏などの愛国者の方々が中心になって協賛金の募集をしてみてはいかがだろうか?本来ならば私が積極的に動くべきであろうが有名人の方がこういうのは集まると思うのだ。言葉は悪いが竹田氏ならば「広告塔」として絶大である。何せ旧皇族の一因で次期天皇陛下の有力候補と目されていた方なのだから、多くの愛国者は積極的に資金援助をしてくれるはずである。

 
 日本を破産に追い込む韓国には正義の鉄槌を食らわせなければならない。そのためにも20億円の何倍も金を使ってでもたくさん像を作る必要があろう。おそらく世界で1000体くらいは作る必要があるんではなかろうか?だからこそ1人でも多くの日本国民の浄財を日本のために支出させられるように国民的な組織を作り上げる必要があるのである。
ラベル:従軍慰安婦
posted by 愛国 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする