検索
 

2016年01月25日

日本人の悲願なる。琴奨菊が初優勝。





 10年という長いトンネルを抜けた先には栄光が待っていた。大相撲初場所で琴奨菊が初優勝をしたのだ。しかし琴奨菊が優勝をしようがしまいがどうでもいい。それよりも10年ぶりに日本出身力士が優勝したことの方がはるかに喜ばしいことのだ。日本人にとっては苦痛の末の最高の優勝だったのだから。

 日本「人」の優勝は旭天鵬がすでにしているが、所詮帰化をして日本人になったニセ日本人である。やはり日本生まれで日本人落ちを引く力士が優勝してこそ国技にふさわしいのである。この10年間、モンゴル出身者を中心とした外国人が幅を利かせたせいで数多くの不祥事が起きてしまった。

 この10年間で起きたことをみるとわかる。集団リンチ事件、大麻事件、野球とばく事件、そして八百長と…この間の不祥事もすべて日本出身力士が優勝できなかったことによるものだ。したがって琴奨菊の優勝はこれらの事件が名実ともに解決をしたという何よりの証拠なのだ。

 これで日本相撲会は救われた。これからは過ちを二度と繰り返さないようにすることが必要だ。別に琴奨菊が優勝をする必要は全くない。日本出身力士が切磋琢磨して互助会を作って優勝を分け合えばいいのである。それで相撲界の闇はすべてが明るく照らされるであろう。
ラベル:相撲
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする