検索
 

2016年01月29日

甘利大臣の辞任で一気に反転攻勢だ





 甘利明経済再生担当相が金銭の問題で辞任すると表明した。本来ならばその問題は相手の方に問題があったわけで、甘利前大臣は被害者。したがってやめる要素は全くなかったわけなのだが、大臣は人格者だから潔く辞任をしたのである。まさに清廉潔白を絵に描いた政治家であった。

 甘利前大臣はTPPの交渉におけるキーパーソンであった。それ故に世界中に影響を与えるものと推測される。後任は石原伸晃元幹事長が決まった。突然の登板だが、実力者なのできっと活躍してくれるだろう。楽しみにしている。安倍首相を安心させてほしいものだ。

 とりあえず甘利前大臣は辞任したが、今度は自民党は攻勢に出ることができる。辞任によって野党の妨害工作が不発に終わったからだ。あとは高みから野党のバカ騒ぎを観戦すればいいのだ。しかしちゃんと制裁は加える必要はある。なぜならば甘利前大臣の秘書の責任があるからだ。

 一部報道によると、甘利前大臣の秘書が役人への口利きや、接待の際に金をせびったという。つまりこの秘書こそ真のゲスの極み男だったのだ。そうなるとこの秘書は野党が送り込んだスパイであるというのが定説である。なぜならば野党は卑劣でどうしようもない反日でバカだからだ。だからこそ秘書の件を野党に問いただし、野党を窮地に追い込む必要があるのだ。

 甘利前大臣は本当に何も悪くない。だがここまで来たら迷惑をかけることができないと辞任したのだ。なんと素晴らしいことであろうか。さすが自民党の大臣だと感服した次第である。
ラベル:甘利明
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする