検索
 

2016年03月01日

祝!朝日新聞社主が死去!





 素晴らしいニュースが入ってきた。朝日新聞社主の上野尚一が死んだのだ。まさに天罰と言って良いだろう。何故ならば朝日新聞は数多くの捏造で日本の名誉を棄損してきたからだ。日本政府も国連で「朝日新聞がねつ造をしたのが理由」と公式に発言もした。これも死因の1つではないだろうか?

 朝日新聞は愛国者による正義の攻撃を受けたこともあるが、本来ならば社主は真っ先にそういう犠牲になる義務があるはず。にもかかわらず病気で死ねるというのは大変ありがたいことであり寛大な愛国者に感謝をするべきであろう。それほどテロにあって当然の立場だったのだ。

 朝日新聞は今までのねつ造の責任を取って廃刊をするべきである。そうでないとまた愛国者の怒りが爆発することになる。もしくは政府によって発刊禁止の処分が下ることになるだろう。そうなりたくなければ安倍政権の批判をしないことである。安倍政権批判こそ捏造の温床なのだから。
ラベル:朝日新聞
posted by 愛国 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする