検索
 

2016年03月11日

東日本大震災から5年、真の黒幕はあの男だった





 今日で東日本大震災から5年となる。死者1万人を超える未曽有の大災害がなったわけだが、復興はいまだ途上にある。それも規模が大きかったこともあるが、当時の民主党政権の人災であることは絶対に忘れてはいけないのだ。そもそも民主党政権政権だからこそあのような大地震が起きたのである。これは決してデタラメではなく、有名人も話していることだ。

 当時の原子力安全委員長であった班目春樹氏はこう語っている。「あんな人を総理にしたから罰が当たったのではないかと、運命論を考えるようになっている」と。あんな人とは当時の菅直人首相のことである。菅が原発視察を強行したせいで原発対応が遅れてしまったのだ。それ以前に菅は反日で知られている。だからこそ班目氏の発言は非常に正しいのだ。

 班目氏は当時の様子をマンガにして表しているが、菅は顔を書きたくなかったのかのっぺらぼうにしている。それだけ菅が日本を破壊したとの思いを強くしているのだろう。現在も福島原発の周辺は立ち入り禁止となっている。こうなったのもすべて菅直人が悪い。したがって菅は福島への謝罪として事故現場で作業をする義務がある。そうして放射能汚染で苦しんで死ぬことで初めて被災者は喜ぶのだ。

 何としても震災からの復興を成し遂げなくてはならない。そのためには菅をはじめとする復興を妨害する反日スパイを摘発し、福島に送り込んで放射能障害を起こしてやることが必須である。福島は安全なのに、売国奴が危険にしているのだ。売国奴を亡くすことで初めて放射能が危険でなくなるのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする