検索
 

2016年03月27日

保育園よりも韓国を優先する舛添はリコールさせるべき





 舛添要一という男は不正行為で都知事の座を乗っ取った極悪人である。そんな舛添が究極の反都行為を行った。都有地を韓国学校の用地として貸与を決めたのである。しかも場所は都心の一等地でありなおかつ防衛省のすぐ近くの場所だという。現在の日本は保育園が足りないことが社会問題になっている。にもかかわらず余った土地を保育園に使わずに韓国のために使うというのだ。

 舛添は地方の一長官である都知事の分際で勝手に外交を進めている。これは政府のメンツをつぶす越権行為である。そもそも韓国は敵国であり、敵国に日本の軍事情報を容易に与えるような土地を与えること自体がおかしい。これは完全な反日行為であり都知事失格であるといわざるを得ない。

 都民の怒りはすぐに表れた。愛国団体「頑張れ日本!全国行動委員会」の呼びかけで、抗議デモが行われたのだ。「保育所を求める都民の切実な声をなぜ聞けないのか」という訴えを叫んだのだが、おそらく舛添には届かないであろう。韓国が良ければそれでよい人間だからだ。こんな人間はリコールするしかないだろう。

 都民のみなさん、保育園を増やしてほしいというお母さん方、何としても舛添をリコールに追い込んでください。このままだと韓国のために多くの保育園児が殺されてしまうことになりかねません。真に東京都のため、日本人のために力を尽くしてくれる方こそ都知事にふさわしいでしょう。そうすると次期都知事は一人しかいません。田母神俊雄氏です。
ラベル:舛添要一
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする