検索
 

2016年04月01日

新年度だからこそはびこる悪を倒さなければいけない





 今日は4月1日。2016年度が始まる日だ。新年度だからこそ世の中にはびこる悪を倒す必要がある。はびこる悪とは何か?それは安倍政権の邪魔をし、日本を危機に陥れる手段のことである。民進党はまさに悪の典型的霊といえるだろう。だが、それだけではない。

 例えば「保育園落ちた日本死ね」というブログ。このブログを書いたのは共産主義者という噂が内閣からも流れている。安倍政権がデタラメを流すことはあり得ないので仮に間違っていたとしても大筋では違わないのだろう。だから日本死ねブログの作者も立派な日本の悪である。だから愛国者・津川雅彦氏が「死ね」といったのは愛国的観点から非常に正しいのだ。

 また五女体大満足の乙武洋匡も悪であろう。せっかく日ごろの行いが良いと自民党が目をかけていたのに不倫という反社会的な行為をしたからだ。自民党もそんな汚れた人間を見放すのは当然だろう。あと少しで自民党にもダメージが来るところであったが、住んでのところで回避できたのも日ごろの行いが良いからだろう。

 新年度だからこそ気を引き締めていく必要があろう。日本を良くするためには反日勢力の駆逐が一番確実な方法である。愛国者は日本のために新年度から花見などせず、エイプリルフールなど関係なしに戦いを展開していく必要がある。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする