検索
 

2016年04月10日

足立議員は愛国心故の発言だからなにもおかしいことはない





 

 おおさか維新の会の足立康史衆院議員が民進党に対して「安保法廃止法案が対案だと胸を張っているのは、あほじゃないか」「こんな政党は国会の恥だ。あほ、ばか、どうしようもない」と発言した。これに民進党が怒って懲罰動議を出している。しかし足立議員の発言は非常に正しく何の問題もないことは明らかだ。

 足立議員は「民進党の懲罰動議自体が懲罰に値する」とも発言しているがまさにその通りである。本人は「不愉快な思いをさせたとすれば申し訳ない」と謝罪をして大人の対応を見せたが、相手は民進党なのだからどんどん不快にさせればいいのである。民進党に対していやがらせをすることこそ愛国的行為なのだ。だから足立議員は愛国無罪である。

 自民党は足立議員を援護するべきだ。民進党が出した懲罰動議を否決してあげるのである。おおさか維新は事実上の与党として自民党を支えてくれる存在である。だからこそ第3の与党として存在感を高めてあげるのも立派な自民党の戦略といえる。

 烏合の衆が集まる民進党と、小規模でも立派な理念を持つおおさか維新では自民党とどちらが組むにふさわしいか明らかであろう。衆参ダブル選挙まであと少し、野党が屋号をするのならば与党としておおさか維新と選挙協力をしてどちらが美しい連合かを見せつけてやればいい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする