検索
 

2016年07月26日

ロシアよりも特定アジアを出場停止にすべき





 ドーピング問題で出場かどうかで議論があったリオデジャネイロオリンピックロシア代表だが条件付きで出場ができることとなった。これは良いことである。何故ならばロシアには特定アジアを倒すためにも必要な存在。南北で挟撃をする際にもロシアの協力は必要。だからこそここで恩を売っとくのも悪くはないわけだ。

 そもそも特定アジアこそドーピングの最大の加害者である。やつらは薬だけでなく、反日という精神的ドーピングまで行ってきている。これはIOCをも悩ませる由々しき事態である。したがってロシアを許してでも特亜3カ国は出場停止にしないといけなかったのだ。

 今となっては仕方がないが、選手たちは何としてもこいつらには負けてはならない。負けてしまうときには妨害工作をして日本人としての愛国心を見せつけてほしい。それが日本人が求める真の代表選手である。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする