検索
 

2016年08月14日

国会議員の来る時を狙って竹島にミサイルを打て





 日本固有の領土でありながら韓国が侵略をしている竹島。そんな中韓国の超党派の国会議員団がよりによって8月15日の竹島への訪問を計画していることが明らかになった。これは日本の主権を脅かすものであり、絶対に受け入れるわけにはいかない。日本政府は外交ルートで抗議をしたがおそらく聞く耳は持たないだろう。知能が空っぽだからだ。だからこそ日本も効果的な対抗措置をする必要がある。

 そう、日本は緊急訓練と称して竹島周辺で軍事訓練をするのである。そして竹島にミサイルを訓練と称して撃ち込めばいいのである。そもそも竹島はわが国固有の領土である。他国の領土にミサイルをいきなり打つのは問題だろう。しかし国内にミサイルを打つ分には国際法上何の問題もないのである。

 もちろん韓国に教えてやる必要はない。勝手に占拠している連中に礼儀はいらないからだ。ミサイルを撃って死者が出たとしても何も問題はないし、相手が怒って戦争を仕掛ければ手間が省けるというものだからむしろ大歓迎なのだ。一刻も早い準備を日本は行うべきであろう。

 日本は早く戦争を起こさないといけない。戦争を起こせば世界中から日本は称賛されるのである。そのためにもに日本の最大の敵国である韓国を、北朝鮮と組んででも倒さなければならないだろう。韓国が崩壊することで世界は平和になるのである。シリアもトルコもブラジルも平和になるのだ。
ラベル:竹島
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする