検索
 

2016年08月27日

韓国に深くかかわるとゲスな人間になると改めて証明された





 前橋市のホテルで強姦を行い逮捕された高畑裕太。その母親である高畑淳子が記者会見をした。息子のとんでもない不祥事に時折涙を見せながら毅然と応対をする高畑淳子はまさに生粋の大和撫子と呼ぶにふさわしい姿を見せつけたのだ。



しかしそれ以上に目立ったのは質問をした側があまりにもゲスかったことである。特にひどかったのがフジテレビの大村正樹である。なんと「性欲が強いとか、性的嗜好がおかしいと思ったことはないか」という質問をしてきたのである。そんなことを知るはずがないだろうが。

 下世話な話だが、私はセックスが大好きだしAVも良く見る。お気に入りの女優は何人もいるし、サインをもらったこともある。私がセックスをすると相手の女性はみんな私の太さ・長さ・硬さを絶賛してくれるし、最大で1分間に四、五百回はつくことのできる速さをも持っている。まさにセックスマシーンともいえる男だが、私の母親はそんな私の性癖など知る由もない。普通の親子というのはそういうものなのだ。

 なぜ大村はこんなゲスなことを平然と質問できたのか?それはフジテレビの社風というほかにはない。フジテレビと言えばそう、韓流ごり押しで国民の怒りを買い大規模デモを起こされた反日テレビ局である。そして高畑裕太も在日である。つまり韓国に深くかかわるとゲスな人間になるということなのだ。第2の高畑や、大村のトンデモ質問をなくすには日韓断交が一番簡単な方法である。韓国とかかわるからゲスになるのだからその元を断てれば強姦魔も激減するし、心無い質問もしなくなるのだ。

 それにしても高畑淳子の会見は実に誠実だったと思う。もっと良くすることはできたのかもしれないが、息子があんなことになった精神的状況を考えれば十分及第点であろう。母親として息子の育てることには失敗したかもしれないが、日本女性の強さを見せつけることは十二分にできたと思う。あとは裕太を突き放して縁を切ることであろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする