検索
 

2016年09月30日

高江の警察官がうらやましい





 県外からの活動家が占拠をしている沖縄県高江のヘリパッド。機動隊員がついに活動家を拘束した。そこで思ったことは拘束した機動隊員が非常にうらやましいということだ。なぜならば楽しそうに敵を倒しているからである。これこそ最高の娯楽なのだ。

 機動隊員はロープを持参し、活動家を縛ったり、首を絞めたりして正義の鉄槌を浴びせた。その際に非常に楽しそうに行動したという。当然だろう、活動家たちは反日左翼から日当をもらっているからだ。今回の件はそういう証拠はないが、愛国者たちの報告から間違いないだろう。

 日本に救う反日活動家たちは倒さないといけない。だから活動家たちはこの程度で済んでよかったと思え。本来ならば天安門事件のように殺されて当然のことをしているのだ。機動隊員たちも殺したくてたまらなかっただろうが、立派な人間だから自制したのである。もちろん殺したとしても愛国無罪である。活動家たちは殺されなかっただけでもありがたいと思え。

 高江の狼藉を見る限り、日本にも天安門事件は必要であると強く感じざるを得ない。反日売国奴を正義の鉄槌で公開処刑することで日本の民度と愛国心は劇的に上昇する。安倍政権は沖縄に対して毅然と武力をもって行動してはどうだろうか?そうすることで将来起きうる戦争への良い予行練習になるのだから。
ラベル:沖縄
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

医療費の削減には重大な決断が必要だ





 医療費が増え続けている。2年連続で40兆円を超え、8年連続で過去最高を更新している。ただでさえ赤字だというのに、このままでは財政破たんが現実味を帯びてきてしまう。一刻も早い対策が必要である。こうなったのは高齢化が進んで医療費のかかる老人が多くなったから。今こそ重大な決断が必要である。そう、高額な医療費のかかる老人を早く死なすことである。

 7月に起きた相模原の大量殺人もこの考えに基づいていたことが知られている。だからこそ私は手法は悪いが理念は正しいと評価しているのだ。日本の役に立たない使えない人間は切り捨てるべきなのだ。相模原の事件だけではない、横浜の病院で起きていることもそうだ。まだ詳しい内容は明らかになっていないが、仮に殺人事件だとするならば同機は日本のために何とかしようとした結果だろう。この病院は終末期医療に定評があったから、少しでも治療費を節約するためにやったのであろう。これも決して悪いことではないのだ。また先日の長谷川豊氏の発言についてもそうだ。生活習慣が理由による人工透析患者は殺すべきという過激な内容であるが、言っていることは絶対的に正しいのである。

 日本の根本的な問題は自己責任の意識があまりにも低いことである。自業自得の意味を貫徹させなければ好き勝手やっていいという思い上がりを生んでしまうことになる。だからこそ医療費削減のみならず日本人の国民性を鍛えるためにも金食い虫の削除は絶対に必要なのである。

 植松聖は当然だが、長谷川豊氏もなぜか批判の声が多い。しかし時間がたてば両名の理念は必ず美談として生き残るのは間違いないだろう。赤穂浪士だって殺人をしているが英雄として祭られているのである。それを考えれば必ずや正しい評価を得られる時が来るだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

沖縄にこそ大地震が起きてほしい





 昨日奄美諸島で震度5弱の地震があった。津波の心配はないとのことだが、今後も地震が起きる可能性があるとのこと。気が気でないだろう。だがそれは奄美諸島で地震が起きた場合の話、むしろ積極的に地震が起きるべき場所がある。そう、沖縄だ。なぜならば沖縄の反日運動はあまりにもひどいからだ。

 沖縄県は基地問題で国と争うのみならず、高江では猿による狼藉が公然と行われている。これは反日団体から日当をもらっているからというのが定説となっている。このようなことが起きる魔境。それが沖縄なのだ。だからこそ反日猿の我欲を洗い流すためにも地震できれば津波も必要なのだ。

 仮に大震災が起きたとしても、愛国者ならば決して支援をしてはならない。沖縄は反日二級地域だから災害で苦しむべきなのだ。もちろん最低限度の生活も保障してはならない。それが反日活動に対する報復である。賞罰をしっかりできてこそ愛国者なのだ。

 そんなわけで沖縄には大地震が起きてほしい。いや起きるべきだ。それで日本人は大喜びできるのだから。まさに天罰といえるだろう。早くその日が来ることを待ち望んでいる。
ラベル:沖縄
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

長谷川氏には言論弾圧に負けずに世論を貫いてほしい





 「自業自得で人工透析を受けているものを殺せ」という正論を書いて炎上状態になっている長谷川豊氏。ついに医師会からも抗議が来た。謝罪をしろというあまりにも思い上がった内容である。長谷川氏はこの抗議を毅然として拒否をしたがそれで正しい。言論弾圧には負けないでほしい。

 今の日本において財政問題は重大な問題だ。日本は敵国に囲まれているので軍事費だけは絶対に確保する必要がある。そのためにも軍事費増強の邪魔になる要因は全面的に排除するのが当然であろう。今の日本で一番の金食い虫は医療費。だから医療費削減に向かうのは当然だろう。長谷川氏は「人工透析は障害者」とも書いている。ならばなおさら死なせることが重要だ。障害者など戦争が起きた時には真っ先に足手まといになるのだから。無駄な医療費を使わなくて済ませることが国家に対する重大な貢献となる。

 7月に起きた相模原の殺人事件において、私は犯人の植松がやったことは決して間違っていないと書いたように、障害者はいないほうがいいのである。それが先天的なものか後天的なものかは関係ない。障害が起きたら皆邪魔者になるのだ。自業自得の人間には退場してもらうのが「神聖な義務」というものだ。

 全腎協の抗議はいちゃもんの類であり、ヤクザが医者になったと錯覚してしまいそうな内容である。そもそも全腎協は共産党系の政治団体だという。ならば抗議は無視をするのは当然、言論弾圧に負けてはいけないからだ。私は長谷川氏を全面的に支持をする。もしもあまりにも理不尽な抗議が来たら自民党としても長谷川氏を守るべく行動を起こしてもらうよう働き掛けて行きたい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

爆発事故は日韓友好を進めようとした天罰だ





 日比谷公園で爆発事故があった。死者は出なかったが、出たほうが良かったかもしれない。なぜならばこの爆発は天罰だったからだ。と、いうのも今回の爆発が起きた際にやっていたイベントが日韓交流イベントだったからである。

 韓国は言わずと知れた敵国、したがって今回のような日韓友好イベントなんかやると韓国は友好の名のもとにスパイ活動をしてくることになる。これは日本にとって大変な損失である。「韓国とかかわると不幸なことになる」という歴史的な絶対真理があるが、それはこのような理由によるものなのだ。そして爆発事故という形で実証された。

 しかしこの事件は決して偶然ではない、天罰と私が書いたように日韓友好を進める反日売国活動に点が怒りを表して爆発事故を起こしたのである。つまり起きるべくして起きたのである。このまま同様のイベントが続くようならば今回の件をもはるかに上回る大惨事が起きるであろう。

 韓国と仲良くして日本を災害列島にするか、韓国と国交断絶して災害のない日本にするかもはや考えるまでもないであろう。「韓国とは仲良くしてはいけない」というのが愛国者たちの共通認識。それを忘れるようならば今回の事故がちゃんちゃらおかしいほどの重大災害が起きるであろう。これは決してハッタリではない。
ラベル:韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

台湾籍を放棄したところで関係ない。外国にルーツがある時点でダメなのだ。





 台湾積との二重国籍であることが発覚した民進党の新代表・蓮舫。その蓮舫は台湾籍の離脱を完了したことを明らかにしたが、そんなことで許されるはずがないのは当然だろう。なぜならば日本の政治家に一番必要なのは日本人の祖先を持つという「血統」だからだ。

 考えてみてほしい。もしも日本で二重国籍を認めたらどうなるか?日本は乗っ取られるのだ。「中国政府が13億人超の人口のうち数千万人を中国籍を残したまま日本に帰化させて日本をいとも簡単に乗っ取ることができる」という専門家の研究もある。これは決して荒唐無稽な出来事ではないのだ。したがって日本にルーツを持たないものは政治家としての資格がないと言えるのだ。

 なぜ日本は立派な国なのか?それは他国の汚れた血を受け入れないように心掛けてきたからだ。とくに最強クラスの汚染度を誇る特定アジアの血は何よりも穢れたものとみなしてきたからこそ日本が立派になったのである。それは高畑裕太をはじめ凶悪犯罪者のほとんどが在日であることからも容易にわかるだろう。

 そんなわけで蓮舫は政治家として失格である。日本の政治家ならば少なくとも3世代にわたって日本人であることが一番重要である。血が汚れていたならばどれだけ有能であっても政治家としては失格なのだ。いや、失格どころの騒ぎではない。二重国籍自体殺人犯よりも罪深い存在であるのだ。

 民進党はトップに罪深き人間を据えることで犯罪政党であることを声高に宣言したと同じである。民進党に投票するものは二重国籍を容認、すなわち殺人犯扱いされても仕方のないことをしたことになる。殺人犯とののしられたくなければ民進党に投票指定はならない。
ラベル:蓮舫
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

現在の国連に対するテロならば





 ニューヨークで爆破事件が起きた。幸いにも死者は出なかったが、15年前のテロ事件をほうふつとさせる出来事であり、現場が騒然となったのは言うまでもないだろう。このテロの背景には国連総会が開かれるため注目が集まると言った理由があるようだ。そうなると話は変わってくる。テロはテロでも正義のテロになるかもしれないのだ。

 理由は簡単、国連のトップである国連事務総長が韓国人だからだ。韓国人がトップになったおかげでイスラム国は台頭し、シリアの難民問題は混迷化し、さらにはイギリスのEU離脱まで引き起こした。国連事務総長が他国の人間ならばテロを起こす側や内戦を起こす側も自重するだろうが、韓国人相手にそのようなことをすれば自らの命が危なくなるので国連をバカにするのである。

 とはいえ悪いのは韓国だけではない、もちろん一番悪いのは韓国であるが他国も認めた連帯責任がある。今回のテロの件もアメリカに対する事実上の罰である。今後は反省をし、韓国を敵国としてみなさなければならない。韓国に味方しようとしたらますますテロが起こるだろう。

 韓国へのテロは正義のテロである。この基本理念をわからなければ決して愛国者になることはできない。日本を好きになるのは誰にでもできる。だからこそ日本を好きになる以上に韓国を嫌いにいなることこそ、日本をよりよくするための第一歩なのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

長谷川豊氏は全く正しいことを言っている





 元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏がブログで人工透析の真実を書いて話題を集めている。それによると人工透析患者は8、9割が原因が生活習慣によるもので自業自得であり、年間500万もの医療費がかかる金食い虫だというのだ。そして「自分で負担できないならば殺せ」と結論付けているのだ。この意見に反対するものが多いが、私は長谷川氏を全面擁護したい。

 今の日本において財政問題は重大な問題だ。日本は敵国に囲まれているので軍事費だけは絶対に確保する必要がある。そのためにも軍事費増強の邪魔になる要因は全面的に排除するのが当然であろう。今の日本で一番の金食い虫は医療費。だから医療費削減に向かうのは当然だろう。長谷川氏は「人工透析は障害者」とも書いている。ならばなおさら死なせることが重要だ。障害者など戦争が起きた時には真っ先に足手まといになるのだから。無駄な医療費を使わなくて済ませることが国家に対する重大な貢献となる。

 7月に起きた相模原の殺人事件において、私は犯人の植松がやったことは決して間違っていないと書いたように、障害者はいないほうがいいのである。それが先天的なものか後天的なものかは関係ない。障害が起きたら皆邪魔者になるのだ。自業自得の人間には退場してもらうのが「神聖な義務」というものだ。

 長谷川氏の言いたいことは正論である。正論を述べただけなのに批判をされるならばまだしも、「クビにしろ」などといった罵倒をされるのは絶対におかしい。言論の自由は守られるべきであり、言論弾圧は絶対に許されないのだ。私は長谷川氏の正しさを広めていきたいと思う。まさに長谷川氏こそ愛国者と呼ぶにふさわしいのだ。
ラベル:長谷川豊
posted by 愛国 at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

リオパラリンピックで蓮舫パワーが炸裂した





 リオデジャネイロパラリンピックが終わったが何と日本は金メダルが0個だった。もちろん史上初めてである。大変恥ずべき成績であることは間違いないが、選手だけの問題ではない。むしろ外的要素が最大の要因である。これは蓮舫パワーが日本代表に直撃したからにほかならない。そう、民進党の代表となった蓮舫である。

 蓮舫といえば民主党(当時)の悪性の象徴・事業仕分けで大活躍した経歴を持つ。あの際蓮舫はこういったものだ。「2位じゃダメなんですか?」と。

 ダメなんだよ!お前の発言が1位になることを委縮させて金メダルが銀や銅になっちゃうんだよ!

 おそらく蓮舫のことだ。代表になってから日本代表の活躍を苦々しく思っていたはずだ。何故ならば二重国籍だから。二重国籍は殺人犯よりも罪深い存在だから自然と人格も卑劣になるのだろう。地球の裏側から二重国籍反日パワーを送り込んで日本選手にダメージを与えてきたのではないか?二重国籍の蓮舫ならばそれくらい余裕で可能なのだろう。

 蓮舫が首相になる可能性は限りなく低いが、このまま表舞台に立ち続けるようだと東京オリンピックやパラリンピックはかなりやばいことになる。そうならないように蓮舫の失脚はもちろん、蓮舫に呼応しかねない二重国籍者は日本代表から追放をする必要がある。オリンピックはメダル、特に金メダル獲得が重要だからだ。
ラベル:蓮舫
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

伝説の試合から1年、奇跡は願えばかなう。





 本日はラグビーワールドカップで日本が南アフリカを破ってからちょうど1年が経過した日である。世界中のラグビーファンに衝撃を与えたこの試合は大変に日本人を勇気づけた。たとえ実現可能性が0に近くてもちゃんとかなうときはかなうものであるということを。



 私もこの1周年を機に実現不可能なことにもチャレンジをして奇跡を起こしてみたい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

石原元都知事を守らなければならない





 豊洲市場の地下を盛り土するはずが、なぜか空洞になっていた件で石原慎太郎元東京都知事が批判を浴びている。都知事としての責任を撮れというものだ。確かに言っていることには理がありそうだ。しかしこの件で石原元都知事を責めるのは間違っている。石原元都知事は建築の専門家ではない、だから専門的な内容を知りえるはずがないので積極的に”不正”を主導できるはずがないのだ。

 それよりもいまさらになって石原元都知事への攻撃は非常に気になる。石原氏は偉大な政治家だったので攻撃の対象にすれば自分の得点になると思ってやっているのが多いのかもしれない。だが石原氏は絶対にそのような魔の手から守らなければならない。

 なぜならば石原氏は日本を代表する国士だからだ。今は引退したが、国会議員として東京都知事として大変素晴らしい成果を上げたまさに偉大な政治家である。そもそも東京でオリンピックをやるようになったのは誰のおかげなのかを考えてみてほしい。それだけでなく尖閣諸島の件でも石原氏の辣腕が日本の都合のよい様に展開して外交的勝利を挙げることができた。まさに国士と言わずして何と言おう。

 石原氏の敵は日本の敵である。石原氏は「



 豊洲市場の地下を盛り土するはずが、なぜか空洞になっていた件で石原慎太郎元東京都知事が批判を浴びている。都知事としての責任を撮れというものだ。確かに言っていることには理がありそうだ。しかしこの件で石原元都知事を責めるのは間違っている。石原元都知事は建築の専門家ではない、だから専門的な内容を知りえるはずがないので積極的に”不正”を主導できるはずがないのだ。

 それよりもいまさらになって石原元都知事への攻撃は非常に気になる。石原氏は偉大な政治家だったので攻撃の対象にすれば自分の得点になると思ってやっているのが多いのかもしれない。だが石原氏は絶対にそのような魔の手から守らなければならない。">東京は伏魔殿」と言ったが、これは東京都職員のみならず少なくない東京都民も入っている。おそらく東京在住の在日が暗躍しているのだろう。今の小池知事は少なからず在日の利益にもなってしまっている。軌道修正が絶対に必要だ。

 石原元知事も小池現知事もどちらも愛国者。つまり愛国者同士手を取り合うこともできるはずだ。両者は強力をして伏魔殿の黒幕を叩き、愛国者を守ることをしなければ豊洲が死の土地になるだけでなく、東京で震災が起きたら共産党の朝鮮人が大虐殺を始める可能性だってあるのだ。
ラベル:石原慎太郎
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

民進党の蓮舫新代表を祝福しよう!





 民進党の新代表に二重国籍の蓮舫が当選した。これは愛国者にとって大変素晴らしい結果である。なぜならばこれで民進党はテロ政党であることが明確になったからだ。二重国籍は殺人にも匹敵する大罪である。したがって殺人犯並みの重罪者をトップにする団体はテロ団体というのは当然だろう。

 これで愛国者たちもワクワクするだろう。これからは蓮舫叩きをネットで大々的に展開できるからだ。デマであろうが構わない。いかに蓮舫がろくでもない人間かを拡散させることで愛国心の強さが測れるのだ。蓮舫はかつて東日本大震災のときにデマを流されたことがあるが、それは蓮舫が反日だからだ。反日にはデマを流しても愛国心の一環として許されるのが常識だ。だから今回もデマを流しても許される。しかも相手は二重国籍が判明したからなおさらだ。

 二重国籍は国家に甚大な影響を与える。最も重大な内容は大災害が起きたときだろう。関東大震災では自警団によって不逞鮮人を大量虐殺することで日本の治安が守られたことがあった。しかし今もしも大災害が起きたらそのようなことはできなくなるだろう。蓮舫が間違いなく圧力をかけるからだ。仮に東京で大地震が起きたら被災地の在日が集団蜂起をして日本人を殺すという情報もある。それを日本人が防ぐことができなくなるのだ。だから二重国籍は殺人よりも罪が重いのだ。

 日本にとって蓮舫の存在は百害あって一利なし。たくさんデマを流して良識的な日本人が蓮舫を自然と恨むように仕向けることが今後の重大活動となる。まずは二重国籍の件で徹底的にたたいて国民に対して蓮舫がいかに極悪人であるかを広めることが重要である。
ラベル:蓮舫
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

天皇陛下はバカになった





 天皇陛下のお言葉で盛り上がっている生前退位問題。私は愛国者として絶対に退位を認めてはいけないとの立場だ。これは私のみならず多くの愛国者共通の立場である。陛下が退位されたら男系男子の伝統が潰えてしまいかねないからだ。仮に女性天皇や女系天皇が誕生したら日本が日本でなくなるので愛国者として皇族を殲滅する義務が生じてしまう。テロリストにはなりたくないので何が何でも男系は維持しないといけないのだ。

 そこで気になることが陛下のボケ化である。明らかに陛下は認知症の症状が入っているとしか思えないバカになってしまったという。これは決して私の憶測ではない。多くの愛国者がそう述べているのである。加地伸行氏は「陛下は怪しげな民主主義におびき出されてしまった」と両陛下の失態を嘆いておられたし、加瀬英明氏も「天皇とは何なのかを、今の天皇陛下は全然理解していない」と陛下の頭の悪さを嘆いているのだ。

 これで陛下は頭がおかしいということが分かっただろう。こうなったのも創価学会や特定アジアが皇室に侵食しているからだ。だからこそ安倍政権と安倍政権を支える日本会議は皇室の動きを抑え込まなくてはいけないのだ。すでに心ある愛国者は動いている。



 男系男子という日本が日本たらしめるイデオロギーを認めないものは皇室であっても日本の敵という認識を持たなければいけない。そのような不敬な輩はたとえ皇族であったとしても徹底的に取り締まって男系男子のすばらしさと日本会議の大切さを広めていかなければならない。
ラベル:皇室
posted by 愛国 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

第2の蓮舫を出さないため脱法ハーフを日本から駆逐しよう





 民進党の代表選に立候補している蓮舫の二重国籍疑惑について、やはり二重国籍であることが判明した。二重国籍は他国のスパイとなりうる状態なわけで、国家に対する重大な裏切り行為である、にもかかわらず代表選は辞退しないという面の皮の厚い対応に国民は怒りまくっている。「脱法ハーフ」という言葉までできたぐらいだ。

 ちなみに蓮舫が国籍を持っていた台湾では冷酷すぎる女と非難囂々だそうだ。親日国から徹底的に罵倒される女・蓮舫。まさに特定アジアの手先であることを名実ともに明らかにしたわけで本人も大喜びではないだろうか?とはいえこのまま第2の蓮舫が出てはいけない。そうならないように脱法ハーフの日本からの駆逐が必要であろう。

 そもそも考えてみてほしい。日本人はなぜ民度が高いかと言えば他国の汚れた血を受け入れないように心掛けてきたからだ。しかし今や様々なところでハーフの存在を見ていかがわしさを覚えざるを得なくなってきている。その象徴が高畑裕太であり蓮舫なのだ。とくに最強クラスの汚染度を誇る特定アジアの血は何よりも穢れたもの。もちろん蓮舫もその一人であることは言うまでもない。

 そんなわけで蓮舫は政治家として失格である。日本の政治家ならば少なくとも3世代にわたって日本人であることが一番重要である。血が汚れていたならばどれだけ有能であっても政治家としては失格なのだ。もっとも蓮舫の代表就任は素晴らしいことであると言える。もしも蓮舫が代表になったときは民進党は外国侵略を公式に認めた反日政党としてのレッテルを張って攻撃できるからだ。だからこそ蓮舫には頑張ってほしいものである。
ラベル:蓮舫
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

フィリピンのドゥテルテ大統領はやはり立派な人物だった。





 国内の治安のために薬物犯罪の撲滅を目指すフィリピンのドゥテルテ大統領。その姿は実に頼もしく、日本でもこういう毅然とした対応をとることが求められているだろう。少なくとも愛国保守を掲げる人ならば確実に同調するはずだ。だが国際社会にはその動きに反する意見も多い。だが正しいのはどう考えてもドゥテルテ大統領の方である。

 何故ならば国連がフィリピンのやり方に異を唱えてきたからである。実はアメリカも異を唱えてきたのだが、それだけではそこまで正しいかどうかはわからない。しかしト ッ プ が 韓 国 人 で あ る 国連ならば自動的に間違っていることが愛国的理論から導かれるので必然的にフィリピンが正しいと論理的に解明できるのだ。

 ちなみにドゥテルテ大統領は国連事務総長に「あいつもばか野郎」と罵った。実に正しい対応だ。この一件をもってしても日本とは立派に付き合えるというのがよくわかるだろう。日本とフィリピンは今こそかつてない友好関係を築いて特定アジアとの対峙をして世界を正しい方向に導くべきだろう。特定アジアこそ諸悪の根源。あのISも特定アジア起源といわれている。それを日比で封じ込めるのである。

 ドゥテルテ大統領は任期を長く勤めれば確実に世界の称賛を得ることができる。だからこそ日本・台湾・フィリピンの親日トライアングルをアジアに築き、世界的に日本が素晴らしい国であることを知らしめようではないが。
ラベル:国連 フィリピン
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

祝!加藤紘一死去!





 元自民党幹事長の加藤紘一が死去した。これは大変喜ばしいことである。何故ならば親中だからだ。なにせ日中友好協会会長だったのだから。中国に好意的な人物は日本にとって百害あって一利なし。したがって一刻も早く死ぬことが国益なのである。いうなれば相模原で起きた殺害事件の被害者と同じ存在だったのだ。

 そんな加藤が出世できたこと自体当時の自民党は結構反日だったのだ。しかし安倍首相がそんな歪んだ自民党の体質を一気に変えてくれて今の自民党愛国政権が誕生したのである。その過程で安倍首相は一度首相の座から降りたが、本当に安倍首相の頑張りには日本国民は足を向けて眠れないだろう。(ちなみに当時の自民党反日要素は民進党に受け継がれている。)

 また加藤は防衛庁長官(現防衛大臣)も務めていた。間違いなく最低クラスの長官であろう。現在の稲田朋美防衛相とは大違いである。そんな稲田大臣は加藤紘一に正義の鉄槌を下したことがある。加藤紘一邸が放火された際に毅然と大笑いして放火事件を喜んだことがあった。なぜならば放火の原因は加藤が靖国参拝を非難したからである。それゆえに稲田氏の愛国心がそうさせたのだ。身内に対しても容赦せず毅然とできる稲田氏にこそが防衛相にふさわしいのである。

 ちなみに加藤の元娘婿はあの宮崎謙介である。今となってはあまりにもお似合いのコンビであろう。宮崎というゲスの極みを夫に選ぶ加藤の三女・加藤鮎子は相当男を見る目がなかったということだ。これも親の教育のせいであろう。そんな売国奴には祝福の祝杯をあげよう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

高畑の不敵な目つきこそ在日の証である





 強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太が釈放された。どうやら本人は合意の上でやっていたというらしい。詳しいことはわからないからあまり書くことはしないが、それにしても釈放時の目つきは異常なものであった。まさに今からでも強姦してやるぞという強いオーラを感じさせたのだ。



 ここから感じたことは改めて高畑裕太は在日の特徴を兼ね備えていたのだということだ。そもそも逮捕された強姦自体日本人にはできない犯罪である。強姦は韓国由来の犯罪で、当然韓国が起源である。そしてあの目つきは犯罪を犯す在日の日本人を見下すときの目である。だからこそ高畑裕太は在日であると改めて再認識できるのである。

 いくら釈放されても第2第3の高畑を出してはいけないのは言うまでもないだろう。いまこそ芸能界の総点検を行うべきである。強姦をしそうな者や目つきの恐ろしいもの、すなわち在日や反日を早く芸能界から追放するべきであろう。そして芸能界の浄化が済んだら日本全国に波及させればいい。在日が強姦事件の大半を担っているのだから強姦も激減できる。

 高畑裕太の犠牲者はこれ以上出してはいけない。在日である高畑はこれからも強姦行為に手を出す行為が容易に想定できるからだ。一刻も早く、高畑を罠にかけて実刑にして二度と芸能界はおろか娑婆の空気も吸えないようにしなければ女性は枕を高くして眠れないだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

風邪をひいてしまった





 風邪をひいてしまった。喉がとにかく痛く、満足に食事をすることができていない。仕事も早引けして安静にしている。私は偏頭痛の症状に悩まされるようになってから風邪はひかなくなったが、それでも引くときはひくようだ。

 風邪をひいて思うのは左翼はうらやましいということだ。何故ならばバカは風邪をひかないという言葉があるが、左翼はバカなので風邪をひくこともないし、風邪で苦しむということもないのだ。だから左翼がこういうときはうらやましくなってくる。しかし左翼は人間の恥なので、それならば風邪をひく方がまだましか。

 皆様も風邪に気を付けましょう。敵国が日本国内にウイルスをばらまいて機能不全に陥れることも十分に考えられる。その時のために常に養生をしておくべきだ。愛国者は頭がいいから頻繁に風邪をひきやすい。そういうときには足手まといになりかねない。だからこそ健康第一で過ごすべきだ。
posted by 愛国 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

いつ国籍の放棄をしても関係ない。外国にルーツがある時点でダメなのだ。





 民進党の代表選に立候補している蓮舫に二重国籍疑惑が起こった。日本国籍のほかに台湾国籍も持っているという。蓮舫は台湾籍を放棄する手続きをするという姑息なパフォーマンスをしたが、そんなことで許されるはずがないのは当然だろう。なぜならば日本の政治家に一番必要なのは日本人の祖先を持つという「血統」だからだ。

 考えてみてほしい。もしも日本で二重国籍を認めたらどうなるか?日本は乗っ取られるのだ。「中国政府が13億人超の人口のうち数千万人を中国籍を残したまま日本に帰化させて日本をいとも簡単に乗っ取ることができる」という専門家の研究もある。これは決して荒唐無稽な出来事ではないのだ。したがって日本にルーツを持たないものは政治家としての資格がないと言えるのだ。

 なぜ日本は立派な国なのか?それは他国の汚れた血を受け入れないように心掛けてきたからだ。とくに最強クラスの汚染度を誇る特定アジアの血は何よりも穢れたものとみなしてきたからこそ日本が立派になったのである。それは高畑裕太をはじめ凶悪犯罪者のほとんどが在日であることからも容易にわかるだろう。

 そんなわけで蓮舫は政治家として失格である。日本の政治家ならば少なくとも3世代にわたって日本人であることが一番重要である。血が汚れていたならばどれだけ有能であっても政治家としては失格なのだ。もっとも蓮舫の代表就任は素晴らしいことであると言える。もしも蓮舫が代表になったときは民進党は外国侵略を公式に認めた反日政党としてのレッテルを張って攻撃できるからだ。だからこそ蓮舫には頑張ってほしいものである。
ラベル:蓮舫
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

日本も必要とあらば無法状態をためらってはいけない





 ドゥテルテ新大統領となって麻薬組織やテロ組織との戦いを激化させているフィリピン。フィリピン国内で起きた爆弾テロを契機に大統領は「無法状態」を宣言した。無法状態を簡単に言うとテロとの戦いに勝つためには何をしてもOKということになる。テロとの戦いのためには多少の不自由も当然だろう。日本も無法状態にすることを考えた方がいい。

 もちろん現時点ではそういうことは不要である。政治がしっかりしているからだ。しかし日本も敵国に囲まれている状態だからフィリピンのようにテロが起きる可能性は十分にあるし、外圧で反日政権が誕生するとも限らない。そういうときこそ無法状態がふさわしくなる。

 人権とは旧時代の遺物とするべきであり、21世紀には不要なものである。むしろ人権こそが国家の発展を阻害する最大要因となりうる。だからこそフィリピンの今回の件は画期的なことであり、重大な社会実験となりうるのだ。日本も今回の結果を十分に注視し、どのような無法状態ならば日本を良くできるかの今後の参考にすべきだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

台風10号の被害は野党の責任である





 観測史上初めて東北に上陸し、北海道とともに大きな被害を与えた台風10号。死者は16人を数え、1月のスキーバス事故を上回った。このままでは相模原の大量殺人にも並んでしまうだろう。私も北海道旅行の最中のことで大変苦労させられた。これもすべて野党の責任である。

 なぜ野党の責任になるか?もちろん自民党支持者の私が、旅行を台無しにされた恨みを野党に責任転嫁するわけではない。ちゃんと論理的な理由である。それは被害にあった場所を考えればおのずとわかる。岩手と北海道だ、そして両方とも野党が強い土地である。北海道は野党の議席がたくさんあるし、岩手はあの小沢一郎の地元である。そうなれば野党に天が怒ってこのような災害を起こしたことを想像に難くない。

 おりしも民進党の代表選が行われるところである。愛国者たちは民進党に対して今回の災害の責任をどうとるのかを徹底的に追求していくべきであろう。もちろんどんな理不尽なクレームをしてもかまわないと思う(殺害等の犯罪予告はさすがに駄目であるが)。何故ならば民進党は反日政党だから法律に違反しなければ何をしても許されるのだ。

 災害は防げないが、それに追随する悲劇はなくすことができる。それには安定した愛国的な政治が何よりも必要だ。愛国心があれば災害も小さくできるのである。それは民主党(当時)政権下での東日本大震災を見れば明らかであろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

旅行から帰ってきました





 4泊5日の北海道旅行から帰ってきました。しかし皆さんも知っての通り大雨で観光等もほとんどできずに室内で過ごす羽目になりました。これは私の日ごろの行いでこうなったのではないと思わないとやってられません。今度はもっと幸せな休暇にしたいです。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする