検索
 

2016年09月10日

高畑の不敵な目つきこそ在日の証である





 強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太が釈放された。どうやら本人は合意の上でやっていたというらしい。詳しいことはわからないからあまり書くことはしないが、それにしても釈放時の目つきは異常なものであった。まさに今からでも強姦してやるぞという強いオーラを感じさせたのだ。



 ここから感じたことは改めて高畑裕太は在日の特徴を兼ね備えていたのだということだ。そもそも逮捕された強姦自体日本人にはできない犯罪である。強姦は韓国由来の犯罪で、当然韓国が起源である。そしてあの目つきは犯罪を犯す在日の日本人を見下すときの目である。だからこそ高畑裕太は在日であると改めて再認識できるのである。

 いくら釈放されても第2第3の高畑を出してはいけないのは言うまでもないだろう。いまこそ芸能界の総点検を行うべきである。強姦をしそうな者や目つきの恐ろしいもの、すなわち在日や反日を早く芸能界から追放するべきであろう。そして芸能界の浄化が済んだら日本全国に波及させればいい。在日が強姦事件の大半を担っているのだから強姦も激減できる。

 高畑裕太の犠牲者はこれ以上出してはいけない。在日である高畑はこれからも強姦行為に手を出す行為が容易に想定できるからだ。一刻も早く、高畑を罠にかけて実刑にして二度と芸能界はおろか娑婆の空気も吸えないようにしなければ女性は枕を高くして眠れないだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする