検索
 

2016年11月01日

桜井誠氏の言論を弾圧するパヨクを許すな





 東京都知事選に立候補したが惜しくも落選した元在特会会長の桜井誠氏。そんな桜井氏に感銘を受けて早稲田大学は桜井氏を学祭に登場させることが決定した。東京都知事選に立候補した候補から話を聞くというもので、立候補者の中でも1,2を争う人格者の桜井氏から話を聞きたいと思うのは当然であろう。




 だが、とんでもないことにパヨク(反日左翼)の執拗な工作活動によって出演ができなくなってしまったのだ。大学側も連中に対して恨み節を発している。




 大学側も桜井氏を嫌う連中が来場者に対して危害を加えるということがよく分かっているということだ。正義の桜井氏に対し、悪魔のパヨクというのは常識だからだ。だからこそ苦渋の決断たっだことが浮かばれる。早稲田大学にとっても大ダメージであろう。桜井氏という大物で大学のイメージを上げようとしていたのに阻止されたからだ。

 早稲田大学は不祥事が多かった。10年以上前だが、スーパーフリーという強姦サークル(今は慶應が有名になってしまったが)が何十人もの女性をレイプしたし、STAP細胞というねつ造をした小保方晴子(早く服を脱いでAV女優になれ)の母校としても知られている。だからこそ桜井氏に白羽の矢を立てたのだ。形的には都知事選立候補者からという名目だが、事実上桜井氏を呼びたかったのは明らかである。

 言論弾圧をするパヨクは本当に許せない。桜井氏と早稲田大学は共同でパヨクの首謀者を暴きだし法的措置を取るべきであろう。パヨクの横暴をこのまま許してしまっては日本は他国の植民地になって滅びてしまう。絶対に容赦をしてはならない。痛い目に合わせないとならないだろう。
タグ:桜井誠
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする