検索
 

2016年11月05日

祝!TPP強行採決!





 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の承認案と関連法案が衆院特別委で強行可決された。どうせ妨害するしか能のない野党だから強行採決をするのが当然である。そういう意味で山本農水大臣は全く正しいことを言っていたのだ。TPPの発効もこれで確実となった。これで日本はよく名乗るのである。

 TPPは新たな築かれる世界の経済ルールとなりうる。つまり早めに主導権を握ることで日本が世界経済を今まで以上に支配することができるのだ。そして日本経済においても大変なメリットがある。もちろんデメリットもないことはないのだろうが、メリットの方が明らかに上回るのだ。

 野党はTPPを日本を崩壊させる悪法であると訴えてきたが、国民は野党の経済政策を嫌っているから野党がおかしいということでTPPを支持している。そういう意味で強行採決をすることにより、野党の問題性を際立たせた最高の作戦といえたのだ。これでますます与党のTPP推進がはかどるだろう。

 TPPは日本にとって重要な施策、TPPで多少の混乱はあるかもしれないが、それを乗り切るだけの力が日本にある。正確に言うと乗り切れるように安倍首相が仕向けたのだ。だから安倍首相にまかせておけばTPPで日本が損をすることは絶対にありえない。野党はそれが怖いから反対しているのである。
タグ:TPP
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする