検索
 

2016年11月12日

天皇がおかしくて何が悪い。





 天皇陛下の生前退位に関する「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」は順調に活動している。日本のために有識者がその名にふさわしく活動をしており、これこそ愛国者の務めであると感心するばかりなのだが、そこにケチをつける輩も当然いる。いやむしろ当然の行動か。なぜならば反日だから愛国者のすることを気に食わないのだ。

 その反日とは朝日新聞やTBSやフジテレビと並ぶ反日ニュースサイトのリテラである。「有識者会議でなくて日本会議」といういちゃもんを早速つけている。これは誤解である、有識者は相当の高い専門性や人間性が問われるからその条件から考えるとどうしても日本会議から選ばざるをえないだけである。

 さらには「ご自分で定義された天皇の役割、拡大された役割を絶対的条件にして、それを果たせないから退位したいというのは、ちょっとおかしいのではないか」という発言もトンデモ発言としてバカにするがこれこそがトンデモ発言である。天皇がおかしくて何が悪いのだろうか?日本会議は日本のために日夜活動する愛国組織。日本会議がおかしいというのならば実際におかしいというのが愛国者としての当然の礼儀である。

 日本会議は最近理不尽としか言えない攻撃をたくさん受けている。このような不当な攻撃には毅然として対処するべきだ。日本会議の研究のみならずリテラも焚書坑儒の対象とする必要があるだろう。

日本会議の研究 (扶桑社新書) -
日本会議の研究 (扶桑社新書) -
この本は絶対に買ってはならない。
タグ:皇室
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする