検索
 

2016年12月04日

無知な韓国人も産経の正しさがわかったであろう。





 朴槿恵大統領による不正で国内が揺れている韓国。そんな中、今までの行為をも上回る新たな不祥事が「発覚」した。産経新聞のソウル支局長が韓国内で監禁された事件について無理矢理に処罰させるよう圧力をかけていたことが分かったのだ。とはいえ、あからさまに圧力というのはわかっていたことなので今更感はあるのだが。

 とはいえ真実が明かされたことは大きい。産経は愛国新聞だから嘘をかくはずがないのである。それは反日国家であるはずの韓国の裁判所が支局長に無罪判決を出すという異例のことからも分かる。それだけ朴大統領が自らの敵には無慈悲に嫌がらせを行うゲスの極み大統領であったのだ。

 そういう意味では自業自得というほかないが、ここまで来れば頭の悪いことで知られる韓国人も産経の正しさを理解するであろう。大規模なデモを起こしている韓国人だが、そのようなろくでもない人間を選んだ国民自身にも非がある。安倍首相を戴く日本人とは大違いである。

 韓国人は民度を高くしたければ産経新聞を読むのが一番であろう。産経新聞は日本のクオリティペーパーのみならず、日本人の偉大さを一番伝えてくれる基本的に真実のみしか書かない日本一の愛国新聞だ。そのことは産経新聞の地域別販売数が多い地域ほど犯罪者数が少なくなることからも明らかだろう。それでも産経を嫌うのならば韓国はこのまま石器時代に戻るしかないだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする