検索
 

2016年12月08日

井川遥は連帯責任で祖国に帰れ





 井川遥という女優がいる。しかしこの井川遥は在日として非常に有名だ。それだけでも犯罪的であるが、なんと身内に犯罪者がいたのである。それはちょっと話題になった寺で暴行をした住職である。修行にきていた中学生を暴行するという卑劣な犯行であるが、この住職がなんと井川遥の叔父だというのだ。

 さらに住職についても資格を持たずに勝手に名乗っていることも判明した。まさに根っからのねつ造人間なのである。もちろん在日であり、趙というのが本名である。そう、寺での暴力事件は在日による卑劣な暴行であり、リンチであり、殺人未遂であったのだ。

 しかも井川自身がこの暴行住職の叔父とは仲がよさそうだという。住職は「井川遥は身内。俺が呼べばすぐに来る」という。つまりたまたま親族だったというわけではなくて共犯の関係といえるのだ。だから一緒に責任を取らなければならない。日本の文化である連帯責任だ。今すぐに祖国に帰ることをお勧めする。

 日本には在日など百害あって一利なし。「日本死ね」という流行語も在日が日本に呪詛をかけるために自作自演したものだ。だから井川は一族郎党を引き連れて日本から出ていくべきなのだ。日本死ねが使えるならば在日死ねはもちろん韓国死ねや中国死ねも当然使っていいのだから。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする