検索
 

2017年01月07日

大使召還では生ぬるい、断交だ!戦争だ!





 韓国が釜山の日本総領事館前に慰安婦像を設置する暴挙を起こした。日本政府は早速、駐韓大使や総領事の帰国をはじめとした対抗措置を打った。当然の行為である。しかしこれだけでは物足りない。やはり韓国に痛い目に合わせなければいけないのは当然だろう。

 そもそも韓国は小国の分際で日本にたてつく行動を行ってきた。日本は我慢を重ねてきたが限界である。なんとしても韓国に天罰を食らわせなければならない。そうでないと日本人はストレスで体調を崩してしまうだろう。ストレス発散のためにも韓国を叩く必要があるのだ。そうなれば断交が一番である。

 断交によって日本は韓国人を堂々と迫害することができる。また、韓国に対する嫌がらせも合法化される。まさにいいことづくめではないか。そしてそれだけでも駄目だ。徹底的に韓国に攻撃を行って日本にたてついたことを公開させなければいけない。そうなれば戦争しかないだろう。

 まずは竹島に対してミサイルをぶち込む。この時点で韓国がなんか言ってくるだろうが、日本は毅然と「竹島は日本固有の領土なので韓国には一切手を出していない。国内の演習だ」といえばいい。それでも文句を言って食い下がってくるならばその時こそ懲罰的措置として韓国を堂々と攻撃すればいい。そして北朝鮮と手を組んで南北と挟撃するのだ。これで韓国は滅亡できる。韓国を滅ぼすためならば北朝鮮と手を組むこともためらってはならないのだ。

 韓国は国としてあまりにも未熟すぎる。韓国と比べたら東ティモールや南スーダンのなんと成熟していることか。だからこそ日本が韓国に正義の鉄槌を下すのが国際的義務なのである。事務総長が変わった今、韓国を滅ぼしても誰も文句は言わないだろう。
ラベル:韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする