検索
 

2017年01月27日

日本政府は国内の韓国資産を強制没収せよ





 韓国人が対馬から盗んだ仏像を日本にではなく、韓国の寺に引き渡すようにする判決が韓国でさだれた。仏像は日本が奪ったものだという言いがかりを裁判所が認めたことになる。この仏像は竹島と同じく日本固有の仏像である。つまり仏像を韓国は拉致したということになる。この残虐な行為には仏陀の生まれ変わりも怒っていることだろう。

 このような卑劣なことをする国とは断交をするべきである。いや、それだけで済ませてはいけない。ナチスがユダヤ人に対してやったことと同じことをしてやるべきだろう。そう、在日韓国人の強制収容と財産没収である。向こうが日本の財産を奪うのだからこちらも同じことをする権利があるはずだ。

 日本にはたくさんの韓国人がいる。いままでテロを起こしてきていないのが奇跡というほかはないが、数多くの事件を起こしているのは間違いない。だからこそここで人質にして韓国を恫喝するのである。そして韓国が在韓日本人に対して同じことをして来たら虫をすればいい。そもそも韓国にいること自体がすでに罪なのだから自己責任である。何人殺されようが構わないのだ。

 日本は韓国と戦争を起こすべきだろう。そのためにも韓国に対する嫌がらせや、正義の鉄槌をたくさん行う必要がある。それこそ国民全体で。なのでネットで韓国憎しの世論をJ−NSCで醸成していく義務がある。
タグ:韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする