検索
 

2017年02月01日

安倍首相は大統領令について堂々とコメントをするべきだった





 私は読者も知っての通り、熱烈な愛国者であり、自民党支持者であり、そしてそれ以上に安倍首相の支持者である。しかしそんな安倍首相にも今回だけは批判をしたい。それはアメリカのトランプ大統領が出した中東・アフリカ7カ国からの入国一時禁止した大統領令に対するスタンスである。

 安倍首相は参院の予算委員会で「コメントする立場にはない」といったのだ。しかしこれは致命的におかしい。逃げているとしか思えない発言である。熱烈な安倍支持者である私もこの発言はないと思ってしまったのだ。なぜならばトランプ大統領の行ったことは正しいからである。入国禁止はテロ防止のためであり、アメリカのために行っているのだ。日本もテロ国家に囲まれていることを考えればむしろ大統領令に積極的に賛同すべきだったのだ。

 おりしも世界各国で今回の大統領令に反対する声が出ているが、そんな時だからこそ安倍首相が積極的に賛成して日米同盟の大切さ、すばらしさを世界中に見せつける大チャンスとなったのにみすみす逃す形となってしまったのだ。だからこそ愛国者として苦言を呈したいのだ。

 今からでも遅くはない、安倍首相はどっちつかずの態度を改めて強力なトランプ支持を明確に打ち出すべきだろう。トランプ政権がどういう対日外交をするかは未知数だが、日本が有利になるためにも日本が共有できるスタンスははっきりさせるべきである。トランプ大統領と世界一わかりあえる政治家は安倍首相なのだから。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする