検索
 

2017年03月01日

J−NSCのメンバーも赤坂飯店に招待すべき





 野党やパヨクどもが喜んでいる森友学園の件で奴らがまた騒いている。なんでも安倍首相が新聞記者を呼んで森友学園の件を報道しないように圧力をかけたというのだ。しかしそれがデタラメであることは常識だ。なぜならばちゃんと新聞記事になっている。圧力をかけてたというのならば記事がそもそも書かれることはないはずだ。

 それよりも安倍首相はマスコミよりももっと重要な人たちを赤坂飯店に招待すべきである。そう、J−NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)である。J−NSCは自民党公認の工作組織として安倍首相の無罪をネットで大々的に広めることができる。それこそ黒を白にできるくらいの行動力があるのだ。それこそマスコミよりはるかに信頼できる組織である。

 それにJ−NSCのメンバーとしても憧れの安倍総理と会食できるのはこの上ない名誉である。直接安倍総理から激励されれば喜び勇んで工作活動に励むだろう。マスコミに圧力をかけるよりもはるかに効果的である。そう考えれば安倍総理がマスコミに圧力をかけることはないとわかるだろう。あまり意味がないのだ。

 そして私も赤坂飯店で食事をしたい。タダで食べるご飯ほどおいしいものはない。だから自民党はJ−NSCのメンバーを赤坂飯店に招待すべきである。そうすれば起死回生の一発を国民に放つことができるのだ。非常に元でもかからないし、手間も少ないから絶対にやるべきであろう。
タグ:J−NSC
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする