検索
 

2017年03月04日

高校生は愛国心をもって立派な大人になろう





 卒業式の季節である。そんな私はなんととある高校の卒業式の主賓の一人として招かれたのである。もちろん初めてのことだ。とはいえ若造の私が何か卒業式であいさつを述べるようなことはなかったが、それでも貴重な体験ができたことに喜びを感じている。本当に貴重な体験だった。だからこそ18歳の諸君に伝えたいことがある。

 18歳といえば昨年参政権が認められたことからも分かるように大人である。したがってそれなりの自立心は必要であろう。だからこそ見習うべき人物から学ばなければならない。では誰がいいのか?それはこのブログでよく紹介している人物だ。例えば安倍首相や麻生副総理、田母神俊雄氏、中山成彬氏、西村真悟氏、櫻井よしこ氏、片山さつき氏、高市早苗氏、稲田朋美氏、足立康史氏などだ。やはり大人なのだから立派な人間を見本にするのが当然であろう。

 そして選挙権を持つのだから政治に関心を持ってもらいたい。政治に関心を持たないと、民主党政権を産んでしまうことになる。正しい人物から学び、正しい人物に投票をすることが求められる。昨年の時点で選挙権を持っていたならば自民党などのちゃんとした政党に投票をしていないとおかしいということだ。もしもそれ以外に投票していたら日本を破壊する陰謀に加担していることになる。おりしも森友学園の件が発覚したばかり。この事件は真実を見る目を養うことができるであろう。

 日本の将来は日本の若者が作っていく、そのために私も協力したい。私ももう40代だから2,30年後には使い物にならないであろう。とはいえ、少しでも日本のためにこのブログは続けていきたい。このブログは各所で大好評なのだから。自分で言うのもなんだが、人気ブロガーだからこそできることはあるのだ。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする