検索
 

2017年04月06日

今村復興大臣を怒らせたのは活動家であった





 今村復興大臣が記者会見で激怒した件が話題になっている。



 福島第1原発の避難住民に関する内容で「フリージャーナリスト」が質問をしてその内容に怒ったものだった。今村大臣は自己責任の大切さを述べただけであり問題でも何でもないのにこのフリージャーナリストがいちゃもんをつけたのだ。しかしいちゃもんをつけたのは当然だろう、なぜならばこの男は活動家だったのだ。

 この活動家の名前は西中誠一郎という名前だが、国を相手に特定秘密保護法違憲訴訟の原告団に参加して、他にも反原発や戦後補償や朝鮮学校で日本政府を批判する活動してる活動家であることがはんめいしたのだ。




 すでに西中についてはこれだけまとめられている。国民に知られるのは時間の問題であろう。自民党の大臣を侮辱するのは殺人罪に匹敵する滞在。籠池に対して毅然と対処したように西中に対しても毅然として対応をしなければいけない。

 震災も6年がたった。もう国ができることもあまりないだろう。ここで自己責任の精神でもって地元民がしっかりと考える時期に来ているということだ。そんなわけで今村大臣は決して間違っておらず、今村大臣を怒らせる大変失礼なことをする活動家こそ一番悪いのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする