検索
 

2017年04月22日

強盗を減らすために韓国を経済封鎖すべき





 福岡市で3億8千万円が強奪される事件が起きた。しかし事件は無事解決しようとしている。非常に怪しい容疑者が逮捕されたからだ。福岡空港で大量の現金を持っていた韓国人4人が発見されたからだ。無届けということで関税法違反で逮捕することだが、もはや犯人であることは確定だろう。現金は強奪事件の倍くらいの金額だったが、おそらく他でも強盗事件を行っていたのだろう。大がかりな犯罪者グループが暗躍しているのだろう。

 私は常日頃から韓国人は犯罪者と疑えと言ってきた。韓国人がなぜ犯罪を起こすのか?それは遺伝子に欠陥があり、犯罪をしないといけなくなる衝動に駆られるからだ。これは日本人にはありえないことだ。したがって今回の強盗の件も韓国人が犯人だと疑うのは常識だろう。犯人が現在の4人だけだとは思わないが、多くの韓国人が関わっているのは間違いない。

 韓国人が強盗を起こすのは韓国人が日本に来やすいからだ。そして韓国人が日本円を入手しやすいのも理由だろう。したがって強盗事件を防ぐために韓国との交流を防ぎ、韓国への外貨流出を厳禁するべきである。韓国人を締め出せば強盗を起こそうとする人間がいなくなり、仮に強盗が起きたところで事実上のダメージがなくなるのだ。

 大金を持ったら韓国人が周りにいないかを気を付けろ。韓国人はそのDNAから金の匂いを嗅ぎつけていつ強盗を起こそうかと食事をしながら寝ながらセックスをしながら考えている。強盗をなくすには元から断つのが一番。韓国人を追放すれば強盗は亡くなるし、殺人も起きなくなるしいいことづくめなのだ。
ラベル:韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする