検索
 

2017年05月30日

これは山口敬之氏のみの問題ではない。日本が滅びるかどうかの問題だ。





 山口敬之氏に強姦されたという詩織という女が東京地検の不起訴処分を不服として検察審査会に審査を申し立てた。その際にの記者会見で実名かつ顔をさらすという異例の会見をした。しかし逆に顔をさらけ出すことが逆に怪しい。山口氏は強姦を否定しているし、そもそも「事件」が起きたのは2年前。なぜ今頃になって騒がれるのかということだ。そう考えれば疑問はいくらでも出てくるのが自然だろう。

 これは明らかに反日左翼の陰謀である。そもそも山口敬之氏は安倍首相に近いということで偉大な存在。清廉潔白であることはもちろん、愛国者としても有名なのだ。だから山口氏が犯罪を犯すはずもないのだ。顔や名前を出すのは「もしもデタラメならばこんなことはできない」と思わせるのが目的だろう。しかし、騙されてはいけない。真の正義は我々愛国者にあるのだ。

 今回の件は山口氏だけの問題ではない。安倍首相に近い愛国者は全くいわれのない攻撃を受けるということが判明したからだ。これはまさに痴漢冤罪の構図そっくりではないか。そしてその狙いは1つ。日本破壊である。だからこそ詩織をセカンドレイプすべきだろう。

 愛国者は日本のためならばセカンドレイプを積極的にしないといけない。むしろ積極的にセカンドレイプができなければ愛国者とはとても呼べない。だからこそ愛国的セカンドレイプで詩織を倒して日本を反日左翼の魔の手から守らなければならない。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

安倍首相は日本一を目指そう

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
   世界にたった1つ、あなただけのドメインを登録しよう!   
   https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZV772+G4HPWQ+50+2HF3CJ
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 安倍首相の在任期間が戦後歴代3位となった。大変素晴らしいことであるが、これで喜ぶのは早い。そう、やはり1位を目指してこその安倍首相だろう。とはいえ時間の問題だろう。それだけ安倍首相の偉大さが抜きんでている。間違いなく戦後最高の政治家と言っていいだろう。

 そして戦後1位でも物足りない。やはり明治時代から数えて1位を目指すべきだろう。1位は桂太郎が記録しているが、安倍首相ならばできる。いや、できないとおかしい。制作能力・人格・その他もろもろすべてにおいて最高クラスの政治家だからだ。私は歴史上のすべての政治家を知ってるわけではないが、史上最高の政治家であることは知っている。

 そのためにも安倍首相の邪魔ものになるものを排除する必要があるだろう。例えば加計学園の問題がそうだ。安倍首相には何の問題もないのに、パヨクやマスゴミは安倍首相を犯罪者扱いするのだ。これは名誉棄損以外の何物でもない。こうやってイメージダウンを図るのが反日パヨクである。ならば法律の力で倒さなければいけない。

 先日共謀罪が衆院を通過した。これで事実上法案は成立したといってよい。つまり共謀罪を拡大解釈してマスゴミ等を徹底的に弾圧すればいいのだ。そうすれば朝日新聞や毎日新聞には記者はおろか働く人間もいなくなるだろう。全員逮捕して拷問をすればいいのだから。そうすれば安倍首相の地位を脅かす人間は誰もいなくなり桂太郎声も果たせるのだ。

 日本人は最高に幸せな国民だと思う。それはいろいろと理由があるが最大の要因は国のトップが安倍首相だからに他ならない。日本人の精神的支柱として今後も命ある限り首相として君臨してほしい。安倍首相の身に何かあったら後追い自殺をしてしまうのが最大の懸案だと言われているほどなのだから。
タグ:安倍晋三
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

読売新聞は愛国新聞なのでリークされて記事を書くことはない





 事務次官を首にされた腹いせにあることないことしゃべって安倍政権を崩壊させようとする反日テロリストの前川喜平。そんな前川の本性を暴いたのが読売新聞だった。読売は前川の性癖を暴露していかに前川が信用できないかを世間に暴いたのだ。

 しかしそんな読売に対してパヨクは「全く関係のない記事で前川を陥れようとしている。これは官邸のリークだ。」と怒っているのである。何をバカなことを言うのか?それは読売新聞に対して大変失礼である。なぜ読売新聞がリークを受けていないと断言て着るのか?それは読売新聞は愛国新聞だからだ。

 愛国新聞と言っても安倍政権にべったりしているという意味ではない。日本をよくするためにしっかりと提言をしているということだ。そんな読売新聞に多くの協力者が集まり、貴重な情報が流れるのは当然ではないか?なぜこの時期に?という声もあるようだが、前川自身が前に出てきたからに決まってるだろう。前川がそのまま消えていれば読売だってあえて記事にすることはなかったはずである。

 とにかく読売新聞は日本のための新聞になっている。なので読売新聞も応援しよう。朝日新聞や毎日新聞は文章のテロを現在進行形で行っている。そのような反日新聞に負けないためにも読売新聞はもっともっと頑張ってもらわなければならないのだ。そしてそれが安倍政権を助けることになるのだ。
タグ:読売新聞
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ガールズバーに行くやつを信用できるか





 加計学園について「問題」とされている事項について、当時の文部科学事務次官で天下り問題で辞めさせられた前川喜平が記者会見で「総理のご意向などと記された記録文書は存在する」と言った。しかしこの前川という男は天下りで国税を食いつぶした悪人であり、犯罪者同然の人間である。そんな人間を信用することがおかしいというのは当然だろう。しかしそれ以上に信用できない点がある。それは前川の性癖である。

 この前川という男、事務次官時代にガールズバーに頻繁に出入りしていたのである。しかも「女性の貧困について、ある意味実地の視察調査の意味合いがあった」という意味不明なことを言う始末である。ガールズバーとはその名の通り女性がいるバーのことであるが、突然男女が性行為を始めたりすることもあるいかがわしい場所である。

 そんなところに1回のみならず複数回も入るのはハレンチで淫らな人間だという証拠である。そんな人間が信頼できるわけがないだろう。したがって安倍総理の意向は存在しないことが証明され、民進党や朝日新聞はねつ造をしたということが証明されたのである。

 確かに加計学園の理事長は安倍首相の友人である。しかし安倍首相は日本有数の潔白な政治家。その安倍首相と仲がいいのだから加計理事長も清廉潔白なのは考えなくても分かるだろう。むしろ前川の方がその脳構造に多大などす黒さを感じざるを得ない。おそらくは在日なのだろう。

 日本の愛国者は前川の闇を暴き立て、前川を社会的に抹殺することを真剣に考えるべきだろう。安倍首相の敵は日本の敵であり、安倍首相の不正を暴き立てるというおよそありえない荒唐無稽な極悪人は共謀罪でひっとらえて拷問にかけて公開処刑をするべきである。日本の首相を侮辱することは殺人よりも罪が重いのだから。
タグ:加計学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

マンチェスターのテロは実にいいタイミングで起きてくれた





 サッカーのマンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティで有名なイギリスのマンチェスターでテロが起きた。大変卑劣な事件であるが、日本人にとってはテロが起きてほしい一番のタイミングで起きたことは不幸中の幸いだと思う。なぜならばこのテロ事件で共謀罪は必要だと国民に思わせることに成功したからだ。

 2日前に衆院で可決された共謀罪の法案。野党やマスゴミは大反対の合掌だったが、実際にテロが起きるのを見ればテロ対策を何とかしないとだめだというのは国民が思うはずである。ましてや日本は東京オリンピックを控えているのだ。そのためにも共謀罪が必要であり、そもそもこれは国際公約である。つまり野党やマスゴミは世界に日本の恥をさらそうとしていることに他ならない。

 とはいえこのテロで日本人の意識も変わるだろう。そういう意味でテロリストにはよくぞこの時期に起こしてくれたと感謝してもしきれないぐらいだ。愛国的なテロというのがもしも存在するならばマンチェスターのテロは日本にとってはまさに愛国的なテロに該当するだろう。

 共謀罪は絶対に必要である。日本を第2のマンチェスターにしてはいけないのだ。もしも共謀罪に反対するものがいればそれは日本にテロを求めている究極の売国奴と言わなければならないだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

テロ等準備罪成立の暁には野党やマスコミをこの罪で倒そう





 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が衆院本会議で可決された。これで日本はテロが防げることになりより安全になる。来る東京オリンピックもこの法律によってテロリストは活躍の場を失うことになるであろう。

 さて、テロ等準備罪が参院でも成立すれば無事施行されるわけだが、テロ組織だけに使うのはもったいないと思う。やはり改正案に反対していた野党やマスゴミを陥れるために使うべきであろう。野党やマスゴミはこれで一般市民を好き勝手に犯罪者として捕らえることができると反対する。だったら実際にやってみればいいだろう。そう、共謀罪を早速使うのである。

 今だと加計学園の件で非常にうるさいことになっている。安倍首相をはじめとして政権や自民党はこの問題で何もおかしいことをしていないのに、朝日新聞は犯罪だとテロ扱いをする。そんなテロ集団にはこの共謀罪で口を封じてしまえばいいのである。実際に行動を起こしても圧倒的大多数の日本人は賛成するだろう。

 早く参院でも通して成立をさせてほしい。これで安倍政権は盤石となるのだから。テロは防げて、政敵も弾圧できてまさに一石二鳥である。日本を敵から守るためにも絶対にこの共謀罪は必要なのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

有識者会議の意見に不満を述べる陛下こそ不敬である





 天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、ヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことがあったという。それ自体は日本の歴史を考えれば決しておかしくはない発言なのだが、こともあろうに陛下が強い不満を漏らしていたという。

 「祈っているだけでよい」という発言は平川祐弘東京大名誉教授と先日亡くなられた渡部昇一上智大名誉教授の発言だという。やはり日本の歴史を深く知っているからこそこのような発言が出たのであろう。陛下がなぜ不満を持つのかがさっぱりわからない。いや、それどころか逆恨みといっていいのではないか。

 そもそも有識者会議のヒアリングは安倍政権が陛下のために思って最高のメンバーをあてがって作られたもの。そのメンバーの内訳を見れば明らかだろう。とくに渡部昇一氏は日本有数の博学としても知られ安倍首相ですら自らは及ばないと認めていたほどである。しかも渡部氏は天皇陛下よりも年長である。陛下と渡部氏、どちらが正しいかは言うまでもないだろう。

 天皇陛下は憲法を守らなければいけない立場なのに憲法を守ろうとしない。その姿勢は異常である。陛下の行動はヒアリングメンバーはおろか安倍政権に対する不敬である。もはやボケ老人と罵られても仕方がないのではないか?少なくとも愛国者たちはそういうのがいても全くおかしくはないのだ。

 安倍内閣は十分に配慮をしつくした。今後天皇陛下の退位法案は自由にやっていいと思う。もはや陛下は野党と同じで無責任の極みになった。陛下を軽視することの方が正しいとわかった。本人は不満を述べたが、もはや自業自得以外の何物でもない。
タグ:皇室
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

新テクノロジーが韓国の八百長を暴く





 八百長は韓国起源の不正である。八百長の語源はなぜか日本の出来事が由来なのだが、今後韓国由来にねつ造をすればいいんで関係ない。そんなことより韓国でサッカーのU20ワールドカップが行われている。そこで早速韓国が不正をしたのだが、なんと不正が発見されて未然に防がれたのである。その理由は新テクノロジーだ。

 国際サッカー連盟(FIFA)は今大会全試合でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を用いることを発表していた。簡単に言うとビデオ判定である。韓国が得点を決めた際にラインを割っていたということで得点が取り消されたのであるがそれがVARで判明したのだ。つまりVARは韓国の不正を防いだことになる。

 おそらくFIFAは口にするもおぞましい15年前の出来事を思い出したはずだ。そこで韓国の八百長を防ぐために新テクノロジーという名目でVARを導入したのだ。FIFAは最近は不祥事で話題になっていたが、見事に愛国者の期待に応えてくれた。そもそもFIFAが不祥事まみれになったのも韓国のせいであるが。

 この大会には久保建英で話題の日本代表もでる。新テクノロジーは日本にとっては追い風以外の何物でもない。なぜならば優勝はともかく八百長などの不正がなければグループリーグ突破は確実視されるからだ。なのでもしもの時が起きたら韓国の陰謀を疑おう。ただでさえ不正ができない状況で韓国がどのような芸術的不正をするかが楽しみだ。

 とはいえ韓国のやることをかなり制限できることは大変喜ばしい。新しい技術は人間を進歩させるということをまざまざと見せつけることができるだろう。ただし韓国だけは例外中の例外だが。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それでも沖縄には基地が必要だ





 沖縄県で女性が米軍軍属の男が殺害された事件から1年が経つ。大変残忍な犯行に怒りの声が上がり基地の撤去を訴える極左的電波を発信するところまである。しかし沖縄に基地は絶対に必要なことは言うまでもないだろう。

 沖縄に基地があるのは地理的な要因が大きい。しかし一番重要なのは沖縄県民が暴動を起こす可能性があるからそれを押さえつけるためである。「犯罪が起きるのは基地があるからだ。基地を撤去すれば犯罪が亡くなる」という意見は明らかに差別的な言動である。そう、基地に反対するパヨクの特徴は自分たちの敵は差別をしてもいいというところにある。これは明らかに危険な思想だ。だからこそ基地は必要なのだ。

 そもそも米軍の犯罪は少ないことで知られているのだ。にもかかわらず米軍の犯罪がクローズアップされるのはパヨクの陰謀に他ならない。実際には在日や韓国人・中国人の犯罪が圧倒的に多いのだ。軍人よりも在日や中韓の方が圧倒的に危険なのである。

 と、いうわけで在日や中国人韓国人は日本から撤去しよう。中国政府や韓国政府は教育する責任が当然ある。だが事件がなくならないことからして、奴らの教育には限界があることが分かる。ならば、選択肢は一つしかない。日本から去ることだ。日本から犯罪者が消えれば犯罪を犯す人間がいなくなるのだ。
タグ:沖縄
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

高須院長に続け!民進党の議員をたくさん提訴しよう





 美容外科「高須クリニック」でおなじみの高須克弥院長が民進党の大西健介議員の発言に怒り、名誉棄損で訴えることが分かった。大西は衆院の厚生労働委員会で高須クリニックのCMを「陳腐」と表現したのだ。高須クリニックといえばその特徴的なCMは有名だ。高須院長のキャラもさることながら、あのCMも高須クリニックの特徴である。つまりCMの批判は本人への批判に他ならないのだ。

 



 これらのCMを陳腐という表現が大間違いだとわかる。陳腐どころか芸術的ですらある。このCMを好意的に見れるかどうかで愛国心があるといっても過言ではないほどだ。そんな偉大なCMをけなしたのだから賠償は当然だ。愛国者たちは高須院長に続くべきだろう。民進党の議員に批判をされた人間はこれを機に名誉棄損の裁判を起こすべきだろう。そして敗訴させて民進党議員を破産させるのだ。仮に負けたとしても「裁判所が反日左翼に汚染されている」と宣伝すればいい。どう転んでも我々愛国者の勝ちだ。

 国会という神聖な場で名誉棄損をすることは許されない。特に民進党は売国政党なのでなおさらだ。議会で侮辱をすることが許されるのは安倍首相を愛国者だけだということを思い知らせてやる必要があるのだ。
タグ:民進党
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

眞子さまの婚約を1面にしない朝日新聞は不敬新聞である





 眞子さまのご婚約ということで翌日の紙面も大々的に取り上げている。全紙1面だろうと思っていたらなんと朝日新聞はトップにしなかった。しかもその内容が安倍首相が問題を起こしたというものだ。




 そもそも加計学園の件は森友学園と同じで安倍首相は何も悪くないのが常識だ。悪いことをしたというのならばまだしも、事実無根のデタラメな内容で安倍首相の名誉を棄損したのだ。しかも本来1面にすべき慶事を小さくさせるという不敬極まりないことをしたのである。さらにさらに安倍首相を1面にすることで安倍首相こそ不敬という誤ったイメージを作り上げている。2重3重の意味で不敬である。

 これで反日左翼はまた安倍首相を理不尽に攻撃してくるだろう。今から反撃体制を整えとかなければいけない。安倍首相はマスコミに圧力をかけて騒ぎを小さくするべきだ。そして緊急の世論調査をして内閣支持率が全く影響ないことを証明しなければいけない。また田崎史郎氏や山口敬之氏の活躍も必要だ。特に山口氏には国家火急の時だからすぐに復帰してもらいたい。

 それにしても朝日新聞は改めて朝敵であることが判明した。このような反日新聞は絶対に許してはいけない。このままだと朝日新聞は天皇制廃止を声高に叫ぶことになるであろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

眞子さまのご婚約をお祝い申し上げます





 大変に素晴らしくうれしいニュースである。秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが国際基督教大学の同級生だった男性と婚約することとなったのだ。国民の絶大な支持を集める結婚となることは間違いないだろう。そして幸せな家庭を築いて10人でも20人でも子供を産んでほしい。

 お相手の男性は小室圭さんという。国民の期待を背負っているのだから国家を裏切ることだけは絶対にしないでほしい。つまり売国活動をすることはないようにということだ。妻は日本一の愛国家庭の出身ということは忘れてはいけないのである。

 何にしてもめでたいので、この幸せがこれからも続いてほしい。そして私も結婚したくなった。
タグ:皇室
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

沖縄には絶対基地が必要だ





 5月15日は沖縄が返還された日である。沖縄にはたくさん米軍基地があり、返還を求めることが出ている。しかし米軍基地は絶対に重要だ。それ以上に沖縄に基地があることがとてつもなく重要だ。なぜならば米軍基地のおかげで日本政府は楽をさせてもらっているからだ。

 例えば北朝鮮がまたミサイルを発射した。北朝鮮は戦争を起こしたくてウズウズしているのがだれの目からも分かるだろう。だからこそ北朝鮮が戦争を起こした際にすぐ対処ができるように沖縄にあると都合がいいのだ。しかしそれだけではない。北朝鮮への対処ならば沖縄よりも九州の方が近い分いいだろう。それでも沖縄に基地があるのは2つの理由だ。1つは中国にも対処するため。そしてもう一つは沖縄が反日だからである。

 沖縄県は安倍政権に公然と反旗を翻し、テロを起こそうと画策している。民主主義国家にあるまじきことであり断じて容認できない。そんな沖縄のテロを防ぐためにも米軍に押さえつけてもらうのは非常に重要なのだ。だから安倍政権は沖縄での米軍関係者の犯罪を容認しているのである。

 北朝鮮に近いからと言って米軍基地を置かなければいけないというわけではないのだ。たとえば安倍首相の地元である山口県は北朝鮮に近い。しかし山口に米軍基地を置いては安倍政権は穢れてしまう。神聖な聖地である山口に米軍基地を置くのはあり得ないのだ。その点でも沖縄に置くのがふさわしい。

 とにかく沖縄には絶対に基地が必要だ。日本が滅ぼうとも沖縄から基地を撤去させてはいけない。沖縄が日本固有の領地であるのは米軍基地があるおかげなのだ。
タグ:沖縄
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

日本を守るためならセカンドレイプも愛国活動である





 山口敬之氏のレイプ疑惑が今でもくすぶっている。本人はそういうことをする人ではないことがすでに証明されているが、本人が安倍首相に近いことを理由に犯罪者呼ばわりされてしまっている。まったく反日左翼のこじつけにはあきれるしかないが、さらにひどいのが山口氏を擁護したらセカンドレイプだと攻撃することである。

 山口氏は強姦を否定しているし、そもそも「事件」が起きたのは2年前。なぜ今頃になって騒がれるのかということだ。そう考えれば疑問はいくらでも出てくるのが自然だろう。それをセカンドレイプというのは間違っている。仮にセカンドレイプだったとしよう。それのどこが悪いのか?セカンドレイプは愛国的に正しい行動なのだ。

 そもそも山口敬之氏は安倍首相に近いということで偉大な存在。清廉潔白であることはもちろん、愛国者としても有名なのだ。だから山口氏が犯罪を犯すはずもないし、犯罪をしたとしても徹底的に擁護をするのは当然のこと。今回の件でいえばセカンドレイプも愛国的活動と言えるのだ。むしろ積極的にセカンドレイプができなければ愛国者とはとても呼べない。

 今こそ愛国者は山口氏の無罪を確信して行動に出るべきだ。すなわち野党の下半身スキャンダルを徹底的に出すことだ。事実かどうかはどうでもいい、安倍首相を守るためならば愛国無罪であり犯罪行為も見逃してくれるのだから。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

清廉潔白な山口敬之氏が準強姦なんてありえない





 山口敬之氏というジャーナリストがいる。この山口氏は安倍首相の番記者として活躍し最近では情報番組にもよく出演している。山口氏をテレビでたまに見るのだが、堂々としたしゃべり方や、事実をはっきりと話し偏向したところもなく非常に素晴らしい公正無私なジャーナリストだと思う。だから安倍首相も山口を気に入り信頼したのだろう。

 そんな山口氏がなんと準強姦をしたと週刊新潮が報じているのだ。しかも警察はそのことをもみ消したという。これが事実ならば大事件である。しかし私には信じがたい。なぜならば普段の山口氏を見ればわかるが、清廉潔白で公正無私な人物だからだ。強いて言えば立つときの姿勢が格好つけていることぐらいか。しかし姿勢で犯罪を犯すわけではないのだからあまり意味はない。何が言いたいのかというと山口氏は犯罪をやるような人間ではないのだ。

 おそらくこの件は陰謀だろう。山口氏は実際に一度は警察に疑われたのだろう。しかし何ら問題はないことが判明(おそらく山口氏を陥れるためにでっち上げたものと考える)して警察も捜査を辞めただけだろう。山口氏は前述の通り安倍首相と近い関係にある。だから安倍首相のスキャンダルをでっち上げるために山口氏を標的にしたのだろう。そう考えればつじつまはあう。しかし山口氏は清廉潔白なのですぐに冤罪が証明されたということだ。まさに日頃の行いが物を言ったといえるだろう。

 このような形で安倍政権を揺るがせようとするのは許せない。山口氏は立派な愛国者であり、決して犯罪者ではない!そして一刻も早い山口氏の名誉回復が必要だ。そのような人物に冤罪をかけるのはまさに人権侵害の極みである。恥を知れ!
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

自国開催だからこそベスト8に進んでほしい





 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグのプール組分け抽選会が行われ、アイルランド、スコットランドと対決することとなった。まだ残り2チームは決まっていないが、自国開催のメリットを生かしてベスト8に進出してほしい。そしてできれば更なる上位に進んでほしい。

 思えば日本開催が決まったときは世界中から不安視されていたものだ。しかし前回大会のあの南アフリカ戦の勝利ですべては変わった。あの勝利で日本国内のラグビーに対する目が変わってファンの私は本当にうれしいと思っている。



 とにかくW杯まではあと2年しかないのだ。この2年で強くなることも弱くなることもできる。だからこのチャンスを生かして2015年の南アフリカ戦勝利以上の感動を与えてほしい。
タグ:ラグビー
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

たかが一反日メディアの人間の結婚を悲しむような女々しい真似はするな





 テレビ朝日のアナウンサー・宇賀なつみが結婚を発表をしたというのが話題になっている。それでショックを受ける人間が急増しているのだという。ヤクルトのつば九郎もその一人だとか。

C_YD88IXsAAbLCH.jpg

 しかしあえて言おう。ア ホ か と!

 そもそも宇賀なつみは反日朝日新聞系列のテレビ朝日のアナウンサー。いくら顔が良くて性格が良くてとってもかわいくても反日のエージェントの一人と言っていい。しかも結婚相手は朝日新聞の記者というではないか。そう考えればこの結婚は祝福されるべきものではなく、むしろ腹立たしさを覚えるほどなのだ。

 したがって結婚にショックを受けるのは間違っている。この結婚は反日結婚と言っていい。むしろ愛国者として不幸な結末を望むのが当然なのだ。いいか、顔に騙されてはいけないのだ。それが心にスキを生み、滅亡の道を進むことになるのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

誰が大統領になっても反日であることは変わらない





 前大統領の朴槿恵の罷免による韓国新大統領の選挙が行われた。左派系の文在寅が首位となり、ほぼ当確を果たしたといわれている。しかし誰が大統領になっても同じである。どの候補も反日だからだ。北朝鮮に対するスタンスは違えど日本に対するスタンスは判をおしたような反日である。なので日本人はこんな選挙に関心を持ってはいけない。

 とにかく誰が大統領になっても変わらないのだから日本の取るべきスタンスは南北の戦争に持ち込むことである。国のトップにバカがなるととんでもないことになるのだということを改めて思い知らさなくてはならない。そのためならば戦争が一番なのだ。戦争で日本にもダメージはあるかもしれない。しかし韓国がよりひどいダメージを受けるのなら日本にとってはむしろ良いダメージなのだ。

 金正恩には韓国新大統領就任記念として核実験でも韓国侵攻でも何でもやってもらいたい。多くの愛国者は韓国がメチャメチャになることを期待している。とにかく反日大統領には正義の鉄槌をどこでもいいから下してほしい。もちろん一番期待できるのは安倍首相だが、安倍首相に負けてたまるかと周辺諸国が発奮してくれてもいい。それが日本の国益につながるのだ。
タグ:韓国
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

愛国者としてルペン候補の敗戦は残念である





 フランス大統領選挙は投開票が行われ、マクロン候補が当選を確実にした。フランス史上最年少の大統領誕生ということだが、私としては残念である。というのもルペン候補に勝ってほしかったからだ。

 ルペン候補の公約は、EU離脱はともかくとして難民排斥などの日本にとっても必要な公約を掲げていた。もしもルペン候補が勝てば日本でもルペン効果によって自民党の支持はより高まり盤石になっていたであろう。しかしフランス人は日本のことなどは眼中になかったようだ。なので非常に残念である。

 今の世界に必要なのは国際協調ではなく、自国主義を鮮明にして国際社会の的には容赦なく攻撃を仕掛けるいわば帝国主義的な要素である。頻発するテロを抑え込むには暴力でしか解決しない。それは暴力に訴えるものは暴力でしか従わないからだ。ルペン勝利が決まれば世界のテロも少なくなっていただろう。残念である。

 しかしこうなってしまった以上は仕方ない。マクロン新大統領がちゃんとした政治をすればよいのだ。とりあえずEUは離脱しないでいいから難民を排除して治安を良くしてほしい。それが巡り巡って日本のためになるのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

今の私にゴールデンウィークは関係ない





 ゴールデンウィークが終わった。多くの人は今日から再び働き始めるだろう。しかし私にはそんなのは関係ない。3月いっぱいで仕事を辞めて無職になったから毎日ゴールデンウィークなのだ。無職になるとやることがあっても時間が余るから暇なのである。こんなことはっ仕事をしているときにはなかなか味わえなかったことだ。

 多くの人は思うだろう、貯金はあるのか?と。その心配はない、つつましやかな生活をすれば15年ぐらいは働かなくても済むくらいのお金を初回人時代にしっかりためたのでもうちょっと無職ライフを満喫しても全く問題はないのだ。実際今のところはそれでいいかなと思っている。

 おそらくどこかで働きたくなる日が来るだろう。それが明日になるかもしれないし、数ヵ月後になるかもしれないし、数年後になるかもしれない。でも今は体を休めて清水富美加(千眼美子)のように養生したい。おそらく性欲が たまってセックスがたくさんしたくなる時が来るはず。その時が無職生活に別れを告げるときになるだろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

子供が少ないならたくさんつくればいい





 日本の子供の数が36年連続で減少している。このままでは海外から移民をということになり、日本の伝統や文化が崩れてしまう。なんとしても子供の数を増やして移民政策を阻止しなければならない。そこで国で若い女性を集め、子供をたくさん産ませるのだ。それを国で愛国的な人物に育てれば少子化は一気に解決するのは間違いない。

 もちろん、ただ若いだけではいけない。真に日本のことを考える愛国的な女性でなくてはならない。また、妊娠させる方法も人工授精だけではなく、セックス希望の女性には真剣に対応させることも求められるだろう。普段の私ならばこんな卑猥なことは嫌うのだが、生殖という本来人間のもつ目的に沿っているから何ら問題はない。これを10000人単位で行えば少子化は必ず解決されるであろう。なぜならこれだけで数%の出生率上昇が見込めるからだ。もちろん、産んでくれた女性には手厚い保護をし、また子供を産んでもらえるようにすべきである。

 そして重要なことだが、生まれた子供にはしっかりとした愛国教育をしなければならない。これを抜かしては本末転倒であろう。日本を愛し、特定アジアを憎む立派な子供に成長させなければならない。もちろん、民主党政権下では不可能であった。自民党政権だからこそできることである。

 子供は国の宝である。当然その母親も大切にしなければならない。国が直接出産事業に立ち会うことで諸問題は解決できるのだ。これで移民に頼る必要もないのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

日本はAFCを脱退しUEFAに加盟せよ





 韓国で行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合でサポーターが旭日旗を掲げたというたったそれだけの理由でアジア・サッカー連盟(AFC)は川崎に無観客試合を科したのである。川崎は抗議の意向を示しているが当然だろう。

 そもそも旭日旗は日本の象徴である日の丸を模したもので政治的なメッセージはないというのが常識だ。もしも旭日旗が政治的ならば朝日新聞も当然政治的だとケチをつけなくてはいけない。しかし韓国や中国は朝日新聞は味方だと思っているから絶対ケチをつけないだろう。だから問題なのである。ここからいえることはACLが反日に汚染されているということである。

 だから私は日本はAFCを離脱し、UEFAに加盟するべきだと思う。地理的な問題など関係ない。イスラエルだってUEFAに加盟しているのだ。日本にできないはずはない。もちろん日本がUEFAに加盟すれば強豪との対決は増える。その分主要な国際大会には出られないかもしれない。だが、それは仕方ない。反日組織に毅然と対処することの方が必要だからだ。

 私が最も好きな明治時代の偉人である福沢諭吉は脱亜入殴を唱えたことがある。今こそ福沢諭吉の精神にのっとりサッカー界の脱亜入殴を実現し、真の意味での開国を行おうではないか。
タグ:サッカー
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

今の憲法はゴミとしてゴミ箱に捨てよう。





 昨日5月3日は憲法記念日である。今の日本国憲法が施行されたからだ。同時に5月3日はゴミの日でもある。由来は53がゴミと読めるからという語呂合わせなのだが、実態は憲法に合わせてゴミになったかのようである。だからこの際憲法をゴミにして捨てようではないか。

 安倍首相はかつて憲法について「みっともない、いじましい」「北朝鮮の拉致も憲法のせいで防げなかった」と語ったことがあるがまさにその通りだろうと思う。憲法は日本国民のためにあるものだ。しかし実際には日本人の敵対することの利益になってしまっている。だからそんな欠陥憲法はゴミ呼ばわりするのが当然の礼儀だろう。

 ゴミの日は憲法ができたから作られたという認識を国民の間で共有しなくてはいけない。今の日本国憲法はゴミなのだ。大日本帝国憲法の方がよほど完成されている。こんな恥ずかしい憲法は早く産業は危機物として日本人が誇れるような新たな憲法が求められるのだ。
タグ:憲法
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

中曽根氏のためにも憲法は改正されるべきだ





 本日は憲法記念日だ。憲法が施行されて70周年という記念日だが、所詮今の憲法はGHQが作ったニセモノの憲法。真に日本にふさわしい憲法を作るために改憲が必要だ。そんな中改憲集会で元気な姿を見せたのが御年98歳の中曽根元首相。自身が会長を務める「新憲法制定議員同盟」の「新しい憲法を制定する推進大会」で力強く訴えた

 憲法を変えることは大切だが、私は中曽根氏のためにも絶対に変えるべきだと思う。中曽根氏はもう残りわずかしか生きられない。死が彼岸とする憲法改正を見せてあげたいのだ。そのためには一刻も早く改憲が必要だ。ただ憲法を変えればいいというものではなく、中曽根氏が憲法が変わったことを実感させてから死なせてあげたい。だからなおさら早い改憲が必要だ。

 衆参で改憲に必要な議席は確保しているのだからさっさと国民投票に持ち込むべきだ。そうすればたった半分の賛成でいいからなりふり構わずできる。買収もあり、暴力もありでいいだろう。とにかく日本のためにも多少の荒療治は構わないのだ。それが憲法を変える大切さなのである。
タグ:憲法
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

北朝鮮のおかげで安保関連法が施行されてよかったことが分かった





 北朝鮮情勢が緊迫の度合いを増す中、北朝鮮による棚ぼたの出来事が起きた。護衛艦いずもが米艦防護任務のために横須賀港から出港したのだが、この行動の法的根拠がまさに昨年施行された安全保障関連法案によるものなのだ。すなわち北朝鮮が安保関連法の正しさを証明したことになる。

 安保関連法ができたとき反日左翼は「憲法違反」とヒステリックに金切り声を上げて出身地がわかるような民度の低さを見せつけて国民をドン引きさせた。特に憲法学者は大半が反対し、憲法を学ぶとバカになることも教えてくれた。しかし実態はどうか?今回の件を見て分かる通り「憲法守って国滅ぶ」となったのである。

 戦争が起きるのも、戦争で日本が負けるのも憲法のせいである。憲法をいざという時に敗れてこそ日本を守ることができるのである。もう一回言おう、「憲法守って国滅ぶ」である。それだけではなく、憲法を守るとバカになることまで判明した。ここまで北朝鮮が憲法の愚かさを見せつけるとは思わなかった。

 どちらにしても今の日本に求められるのは戦争だ。戦争がなければ何のために安保関連法を作ったのかがわからないからだ。日本のために、せっかく作った愛国法律のためにも戦争をガンガン起こしていくべきである。日本に一番大切なのは憲法ではない。戦争の邪魔をする法律は無視することが望まれる。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

山口組はまさに暴力団界の民進党である





 暴力団神戸山口組が分裂をして新たに「任侠団体山口組」ができることになった。山口組と言えば2年前に分裂して「神戸山口組」ができたばかり。そこからのさらなる分裂にまさに民進党を見る想いである。

 民進党は民主党時代分裂を繰り返して無様wな姿を国民に晒した。そこに我々愛国者によるなりふり構わぬ工作活動も相まって見事に国民から正義の鉄槌が下ったのだが、今回の山口組のドタバタを見ているとそのことをオーバーラップさせる。山口組は暴力団界の民進党と呼ぶにふさわしいだろう。いや民進党を政界の山口組と呼ぶにふさわしいか。

 山口組に対立するのは警察だ。そうなると民進党と対立しているのは自民党即ち安倍政権だから安倍政権はまさに警察の役割を果たしているといえる。警察は不祥事を起こす輩を除いては基本的には正義。つまり安倍政権はその点からいっても正義と言っていいだろう。そもそも安倍総理に逆らう人間は全て民進党をはじめとする野党のスパイなのだから。

 そんなわけで山口組も神戸山口組も任侠団体山口組も全部安倍政権がつぶしてしまえばいい。そうすれば野党はこれらの団体から支援を受けているようなものなので次の選挙にも勝てるだろう。暴力団をつぶせるのは正義の団体だけである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする