検索
 

2017年05月11日

たかが一反日メディアの人間の結婚を悲しむような女々しい真似はするな





 テレビ朝日のアナウンサー・宇賀なつみが結婚を発表をしたというのが話題になっている。それでショックを受ける人間が急増しているのだという。ヤクルトのつば九郎もその一人だとか。

C_YD88IXsAAbLCH.jpg

 しかしあえて言おう。ア ホ か と!

 そもそも宇賀なつみは反日朝日新聞系列のテレビ朝日のアナウンサー。いくら顔が良くて性格が良くてとってもかわいくても反日のエージェントの一人と言っていい。しかも結婚相手は朝日新聞の記者というではないか。そう考えればこの結婚は祝福されるべきものではなく、むしろ腹立たしさを覚えるほどなのだ。

 したがって結婚にショックを受けるのは間違っている。この結婚は反日結婚と言っていい。むしろ愛国者として不幸な結末を望むのが当然なのだ。いいか、顔に騙されてはいけないのだ。それが心にスキを生み、滅亡の道を進むことになるのである。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする