検索
 

2017年05月21日

新テクノロジーが韓国の八百長を暴く





 八百長は韓国起源の不正である。八百長の語源はなぜか日本の出来事が由来なのだが、今後韓国由来にねつ造をすればいいんで関係ない。そんなことより韓国でサッカーのU20ワールドカップが行われている。そこで早速韓国が不正をしたのだが、なんと不正が発見されて未然に防がれたのである。その理由は新テクノロジーだ。

 国際サッカー連盟(FIFA)は今大会全試合でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を用いることを発表していた。簡単に言うとビデオ判定である。韓国が得点を決めた際にラインを割っていたということで得点が取り消されたのであるがそれがVARで判明したのだ。つまりVARは韓国の不正を防いだことになる。

 おそらくFIFAは口にするもおぞましい15年前の出来事を思い出したはずだ。そこで韓国の八百長を防ぐために新テクノロジーという名目でVARを導入したのだ。FIFAは最近は不祥事で話題になっていたが、見事に愛国者の期待に応えてくれた。そもそもFIFAが不祥事まみれになったのも韓国のせいであるが。

 この大会には久保建英で話題の日本代表もでる。新テクノロジーは日本にとっては追い風以外の何物でもない。なぜならば優勝はともかく八百長などの不正がなければグループリーグ突破は確実視されるからだ。なのでもしもの時が起きたら韓国の陰謀を疑おう。ただでさえ不正ができない状況で韓国がどのような芸術的不正をするかが楽しみだ。

 とはいえ韓国のやることをかなり制限できることは大変喜ばしい。新しい技術は人間を進歩させるということをまざまざと見せつけることができるだろう。ただし韓国だけは例外中の例外だが。
ラベル:韓国 サッカー
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それでも沖縄には基地が必要だ





 沖縄県で女性が米軍軍属の男が殺害された事件から1年が経つ。大変残忍な犯行に怒りの声が上がり基地の撤去を訴える極左的電波を発信するところまである。しかし沖縄に基地は絶対に必要なことは言うまでもないだろう。

 沖縄に基地があるのは地理的な要因が大きい。しかし一番重要なのは沖縄県民が暴動を起こす可能性があるからそれを押さえつけるためである。「犯罪が起きるのは基地があるからだ。基地を撤去すれば犯罪が亡くなる」という意見は明らかに差別的な言動である。そう、基地に反対するパヨクの特徴は自分たちの敵は差別をしてもいいというところにある。これは明らかに危険な思想だ。だからこそ基地は必要なのだ。

 そもそも米軍の犯罪は少ないことで知られているのだ。にもかかわらず米軍の犯罪がクローズアップされるのはパヨクの陰謀に他ならない。実際には在日や韓国人・中国人の犯罪が圧倒的に多いのだ。軍人よりも在日や中韓の方が圧倒的に危険なのである。

 と、いうわけで在日や中国人韓国人は日本から撤去しよう。中国政府や韓国政府は教育する責任が当然ある。だが事件がなくならないことからして、奴らの教育には限界があることが分かる。ならば、選択肢は一つしかない。日本から去ることだ。日本から犯罪者が消えれば犯罪を犯す人間がいなくなるのだ。
ラベル:沖縄
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。