検索
 

2017年05月26日

ガールズバーに行くやつを信用できるか





 加計学園について「問題」とされている事項について、当時の文部科学事務次官で天下り問題で辞めさせられた前川喜平が記者会見で「総理のご意向などと記された記録文書は存在する」と言った。しかしこの前川という男は天下りで国税を食いつぶした悪人であり、犯罪者同然の人間である。そんな人間を信用することがおかしいというのは当然だろう。しかしそれ以上に信用できない点がある。それは前川の性癖である。

 この前川という男、事務次官時代にガールズバーに頻繁に出入りしていたのである。しかも「女性の貧困について、ある意味実地の視察調査の意味合いがあった」という意味不明なことを言う始末である。ガールズバーとはその名の通り女性がいるバーのことであるが、突然男女が性行為を始めたりすることもあるいかがわしい場所である。

 そんなところに1回のみならず複数回も入るのはハレンチで淫らな人間だという証拠である。そんな人間が信頼できるわけがないだろう。したがって安倍総理の意向は存在しないことが証明され、民進党や朝日新聞はねつ造をしたということが証明されたのである。

 確かに加計学園の理事長は安倍首相の友人である。しかし安倍首相は日本有数の潔白な政治家。その安倍首相と仲がいいのだから加計理事長も清廉潔白なのは考えなくても分かるだろう。むしろ前川の方がその脳構造に多大などす黒さを感じざるを得ない。おそらくは在日なのだろう。

 日本の愛国者は前川の闇を暴き立て、前川を社会的に抹殺することを真剣に考えるべきだろう。安倍首相の敵は日本の敵であり、安倍首相の不正を暴き立てるというおよそありえない荒唐無稽な極悪人は共謀罪でひっとらえて拷問にかけて公開処刑をするべきである。日本の首相を侮辱することは殺人よりも罪が重いのだから。
ラベル:加計学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする