検索
 

2017年05月30日

これは山口敬之氏のみの問題ではない。日本が滅びるかどうかの問題だ。





 山口敬之氏に強姦されたという詩織という女が東京地検の不起訴処分を不服として検察審査会に審査を申し立てた。その際にの記者会見で実名かつ顔をさらすという異例の会見をした。しかし逆に顔をさらけ出すことが逆に怪しい。山口氏は強姦を否定しているし、そもそも「事件」が起きたのは2年前。なぜ今頃になって騒がれるのかということだ。そう考えれば疑問はいくらでも出てくるのが自然だろう。

 これは明らかに反日左翼の陰謀である。そもそも山口敬之氏は安倍首相に近いということで偉大な存在。清廉潔白であることはもちろん、愛国者としても有名なのだ。だから山口氏が犯罪を犯すはずもないのだ。顔や名前を出すのは「もしもデタラメならばこんなことはできない」と思わせるのが目的だろう。しかし、騙されてはいけない。真の正義は我々愛国者にあるのだ。

 今回の件は山口氏だけの問題ではない。安倍首相に近い愛国者は全くいわれのない攻撃を受けるということが判明したからだ。これはまさに痴漢冤罪の構図そっくりではないか。そしてその狙いは1つ。日本破壊である。だからこそ詩織をセカンドレイプすべきだろう。

 愛国者は日本のためならばセカンドレイプを積極的にしないといけない。むしろ積極的にセカンドレイプができなければ愛国者とはとても呼べない。だからこそ愛国的セカンドレイプで詩織を倒して日本を反日左翼の魔の手から守らなければならない。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする