検索
 

2017年06月13日

やはり一橋大学はFランク大学だ





 その一橋大学の学園祭で日本を代表する愛国作家の百田尚樹氏が講演を潰されてしまった件で百田氏本人が手記を公開した。そこには百田氏は受けた屈辱がありありと書かれていた。このひどさに私も涙してしまったほどだ。言うまでもないが日本には言論の自由がある。百田氏は犯罪予告をしたわけではないし、名誉棄損もしてはいない。にもかかわらず言論の場を百田氏から奪ったのである。それなら初めから呼ぶなということだ。そういう意味で一橋大学の実行委員会の頭の悪さを本気で心配せざるを得ない。

 一橋大学は受験生には難関大学とみられているが、実際にはそうじゃないということだ。事実偏差値28でも一橋には入れることが判明したのである。あの反日組織SEALDsの奥田愛基が一橋の大学院にいるのだ。奥田の偏差値は28だったというのが判明している。そんな人物が一橋には入れるということは一橋大学がFランク大学という何よりの証拠ではないか。

 もはや一橋大は三流どころか超がつくほどのFランク大学となった。こんな大学に行ったら頭がおかしくなることは請け合いだろう。一橋を再生する方法はただ一つ。百田氏に今回の言論弾圧の件を謝罪して、百田氏を学長に据えて学内改革を行うしかないだろう。
ラベル:百田尚樹
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする