検索
 

2017年06月16日

テロ等準備罪で日本の敵をどんどん捕まえよう





 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する法改正が参院で可決した。すでに衆院でも可決されたことにより、見事に成立したのである。これで日本はテロが防げることになりより安全になる。とはいえせっかく作った法律だからテロ摘発はしたいと思えるのも人情。だからといってテロを期待するのは本末転倒だ。そこでテロ組織を作ってしまえばいいのだ。

 もちろん安倍政権は自作自演のテロを起こせという意味ではない。反対していた野党やマスゴミを陥れるために使うべきなのだ。日本のための改正なのに、国会で無駄な時間を費やした野党の罪は非常に重い。したがってこのテロ行為に対して共謀罪第1号を適用すべきなのだ。野党を毛嫌いしている善良な国民も反対者をテロ組織扱いすることには何の異論もないはずだ。

 また、今では加計学園の件でも非常にうるさいことになっている。安倍首相をはじめとして政権や自民党はこの問題で何もおかしいことをしていないのに、朝日新聞は犯罪だとテロ扱いをする。そんなテロ集団にもこの共謀罪で口を封じてしまえばいいのである。

 懸案だった参院での可決も無事成立した。これで安倍政権は盤石となる。なぜならば安倍政権に反対するものはテロリストだからだ。それだけ安倍首相は偉大すぎる存在なのだ。もし安倍首相が日本医いなかったら間違いなく中国が侵略していたであろう。本当に安倍首相の偉大な政治力によって日本人は幸福を享受できているのである。

 テロは防げて、政敵も弾圧できる共謀罪はまさに一石二鳥である。日本を敵から守るためにも絶対にこの共謀罪は必要なのであると訴え続けてきたが夢がかなって私は満足している。今度お祝いのパーティーでもして仲間とともにこの慶事を喜びたい。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする