検索
 

2017年06月24日

市川海老蔵は小林麻耶と結婚をするべきだ





 歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で乳がんの闘病中だった小林麻央が亡くなった。まだ34歳というあまりにも若い死である。私とは一回り以上若い人がこういう形で亡くなるのを見ると本当に本当に胸が痛くなる。海老蔵自身はともかく残された2人の子供が不憫すぎる。将来の人格形成の面でも非常に問題が起きてきてもおかしくない。母親の死というのはそれだけ重大なことなのだ。

 そこで海老蔵には麻央さんの姉である小林麻耶と結婚をすべきであると考える。麻耶は妹のために精一杯尽くしてきた。その伯母のその姿にはきっと2人の子供もいい感情を持っているだろうと思われる。だからこそ今度は伯母から母になるといいのではないかと思うのだ。

 そして海老蔵との再婚は麻耶自身にもメリットがある。麻耶ももう37歳。非常にきれいだが、年齢には勝てない。そろそろ誰かと結婚をしておいた方がいいと思う。そうなれば子供とも接している海老蔵と結婚すれば誰もが納得できるのではないだろうか?

 もちろんすぐに決まるわけではないだろう。まずは麻央さんを失った悲しみをいやすことが先決。結婚はそれからでも遅くないとは思う。それでも海老蔵と麻耶の結婚は世間をにぎわせること間違いなしだろう。
ラベル:市川海老蔵
posted by 愛国 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする