検索
 

2017年06月29日

獣医学部をたくさん作って何が悪い?





 安倍首相が大学の獣医学部を全国展開を認めていく方針を明らかにした。だが相も変わらず抵抗勢力は安倍首相の発言にいちゃもんをつけている。しかしこの全国展開発言は何もおかしくはない。むしろそうすることが日本を良くすると考えてのことだ。

 反対派は「特区とは何のためだったのか」というが、そもそもまずは1校で先行させてそこから全国展開していくことは周知の事実。加計学園で特区の正しさがわかったので全国に門戸を広げる。これのどこがおかしいのか?まさに特区の意義に沿った行動であるのだ。

 それ以上に安倍首相を叩きたい輩が何よりも怪しい。例えばゆとり教育を推進した元文部官僚の寺脇研。「とんでもない話」とブログで批判をしたが、この寺脇は性欲の塊である前川喜平とおなじで既得権益で甘い汁を吸っていた男だと、蓮舫の二重国籍を猛批判していた八幡和郎氏が明かしている。そうこの件を批判する人間は既得権益を肯定する差別主義者なのだ。

 確かに加計学園の理事長は安倍首相とは親友である。しかしそれはたまたま偶然の話。そもそも今回の全国展開発言で加計学園だけが優遇されることは亡くなったのだから安倍首相はシロになったとみなすのが当然だろう。それでも安倍首相を叩くのは叩きたいから叩くという人間として最低の行動だと理解すべきであろう。そういう人間には共謀罪を適用して徹底的に弾圧をすべきである。
ラベル:加計学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする