検索
 

2017年07月25日

閉会中審査で正しいのが誰かが判明した





 安倍首相出席で行われた閉会中審査。ここで安倍首相は自らの正統性を堂々と答弁した。一方、正義の味方気取りをしていた前川喜平は発言こそしっかりしていたもののしどろもどろ。明確に正しいのが誰かわかったのだ。

特に自民党の小野寺議員の質問は素晴らしかった。実に舌鋒鋭くて、安倍首相に非はなく野党の陰謀だったことを認めさせる答弁を示したからだ。本日のMVPと言って良かっただろう。加計問題は何も安倍政権で悪くないことが証明された。これ以上加計の件で時間を取ったら重大な人権侵害である。

 これ以上加計学園を問題扱いするものはパヨクであり敵国のスパイである。したがって加計学園への名誉棄損には共謀罪を適用して黙らせるしかないだろう。
ラベル:加計学園
posted by 愛国 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする