検索
 

2017年07月28日

代表辞任だけでなく、国会議員も日本人もやめてください





 民進党の蓮舫代表が辞任を表明した。都議選の大敗の責任を取ったものだが、ここまで1カ月近くかかっている。明らかに地位に恋々としていたのがわかるというものだ。偶然にも稲田防衛大臣も辞任の意向を表明したが、稲田大臣の潔い辞任に比べるとあまりにも未練がましい。しかも稲田大臣の後に辞意を表明して話題にならないようにしたことも姑息である。

 とりあえず辞めるのはいいことだが、やはり代表辞任程度で責任をとったと言われるのは日本人として許しがたい。やはり責任の取り方をわかっていないということだ。蓮舫に求められる責任の取り方は議員辞職、そして日本国籍を放棄して祖国に帰ることである。

 蓮舫はおそらく日本で唯一の三重国籍の保持者として知られている。したがって日本国籍を捨てても何の問題もないのだ。かつて蓮舫は東日本大震災の際に自分の子供を中国に留学させた逸話はよく知られている。なので代表を辞めた今心置きなく祖国に帰れるのだから積極的に帰るべきだろう。

 辞任のタイミングや状況を考えても蓮舫は稲田大臣の足元にも及ばない。美しい散り際というのを全くわかろうとしない外国人ならではの辞任劇だろう。まさに外国侵略の手先、民進党にふさわしい終わり方である。
ラベル:蓮舫
posted by 愛国 at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする