検索
 

2017年09月17日

同日優勝を阻止したヤクルトには天罰が下れ





 プロ野球のパリーグはソフトバンクが優勝した。しかし、しかしである。同日優勝を狙った広島がまさかの敗戦で夢の同日優勝がならなかったのだ。これは日本の野球界にとってはピンチである。それはパリーグが目立つということはプロ野球の秩序を穢すことに他ならないからだ。

 そもそもパリーグは衰退間近だったのを球界再編騒動という自爆テロのような方法でむりやり生き残り、交流戦をゴリ押しをして成立させたのみならず恩を知らずに勝ち続けることをしているのだ。そして日本シリーズでも同様のことをしているのだ。昨年までパの4連覇である。これは非常におかしいことなのだ。これは道徳に反することであろう。世間もあまりのことに白けている。すべてはパリーグの責任だ。

 それでなくともパには反日球団が数多い。在日がオーナーの球団が2つ、創価学会員が監督のチームが1つ、それ以外にも反日要素のたくさん詰まったチームで占められている。ソフトバンクは言うまでもないことだろう。だからパリーグに正義の鉄槌を下すためにも同日優勝の暁には広島を徹底的に偏向的に取り上げるべきなのだ。これが正義なのだ。だから同日優勝をどうしてもしてほしかったのだ。

 それを阻止したヤクルトはとんでもない反日球団となってしまった。ヤクルトはセリーグのためにも八百長をしてでも負けるべきだったのである。これでソフトバンクは新聞の1面を飾ってしまうだろう。この罪は大変に重い。ヤクルトは今季の最下位は決まっているが、これから10年間は天罰として最下位街道をまっしぐらに進むべきであろう。
ラベル:プロ野球
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。