検索
 

2009年12月06日

石川知裕氏が中川氏を「抹殺した」

 民主党の石川知裕衆院議員が札幌市内の不動産会社から無償提供された事務所家賃などを自身の資金管理団体「勝山会」の政治資金収支報告書に記載していたとされる問題で、石川氏は5日、同市内で記者団に対し、「虚偽記載、領収書の偽造はない。賃貸も車のリースも契約書を作成し、領収書も先方が作成したものをもらった」と反論した。

 だが、これが大うそであることは論を待たない。なぜならば石川議員の選挙区は北海道11区だからだ。北海道11区といえば愛国者として知られた故・中川昭一氏の地元。普通に考えれば売国政党の民主党にいる限り、この選挙区では勝てない。

 そこで先の不動産会社からの金である。そう、この金はローマにおける陰謀に使われたのだ。

 あのとき、記者会見に先立って風邪薬の成分を食事に混入させておいた。そこにお酒を何気なく注ぐことで怪しまれることなく酔わせることに成功させたのだ。

 こうして敵、すなわち民主党の手によって葬り去られたのだ。その結果、中川氏はあえなく落選し、非業の死を遂げてしまったのだ。

 そう考えれば中川氏の死は石川氏が大いにかかわったわけで「抹殺」といわれても反論できないであろう。
posted by 愛国 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

草莽崛起 青山繁晴氏の講演
Excerpt: ジャーナリスト、青山繁晴氏の講演会が、11月28日に日本会議大阪北摂支部主催により、大阪府神社庁会館にて行われたようだ。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2009-12-06 01:56